【作曲お願いします】プロローグ

投稿日:2013/12/20 20:56:39 | 文字数:586文字 | 閲覧数:76 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

地球が生まれて消滅するまでが物語だったら
そんなことを考えながら作詞しました
高校に上がってから色々と考えさせられることが多くなって、ふと思ったことから書き始めたら気づいたら完成してました
曲を付けれるような文の長さではないかと思いますが、内容的にとても気に入っているので是非ボカロでもUTAUでも歌ってみたでもいいのでこれを歌詞にしたものを聴いてみたいです

高校生のわがまますみません

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

大地ができ 雨が降り 雷が鳴り 水が生まれ
海ができて 空気ができて 命を持つ 生物が生まれた
光が灯り 太陽と月 昼と夜を 作り出した
見えないくらい 小さな命 暗い海を 泳ぎ続けた

とても長い年月は 物語の些細な1ページ
勿論これはある物語の 大きな大きなプロローグ

今僕らが立ってるこの星の 遠い遠い昔に始まったこと
ビックバンから始まる 地球消滅のプロローグ
物語上で起こりうる 小さな小さなエピローグたち
僕らは一体どこの物語の 場面上で生きているのだろう

草木が育ち 命は陸へ 進化という 小さな変化
あるものは草を あるものは肉を 食らうことで 行き続けた

何億年も続いた物語も この物語の小さな一節
まだまだ続くよこの物語は 新たな小さなプロローグ

今命溢れるこの星の 遠い遠い昔に始まったこと
ビックバンから始まった 地球消滅のプロローグ
眠りから目覚めた化石達は エピローグを終えた主役達
いつ僕らがこうなるかなんて きっと今ではわからない

56億年という値は どれくらいの長さかわからない
僕らは一秒ほどの存在 それでも今は生きている

今僕らが立ってるこの星の 遠い遠い昔に始まったこと
ビックバンから始まる 地球消滅のプロローグ
僕らがどこの章を歩いてるか そんなものわからないから
僕らのエピローグがくるまで ただ前見て歩き続けよう

(プロフィールはありません)

この作品URLを含むツイート1

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP