<タマネギのエセ・エッセイ)> ◆ 魔法少女まどか☆マギカと、ジュンブンガク?

投稿日:2013/11/04 21:21:29 | 文字数:935文字 | 閲覧数:178 | カテゴリ:その他 | 全2バージョン

ライセンス:

昔の「文学」の役割、いまはメディアミックスが請け負ってるようにも思います。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

●一時に比べて、最近はあんまり使われることも多くないですけど…
セカイ系、という言葉がありますね。

僕はこの言葉、勝手に解釈しています。
「お話で、自分の内面を描いている内容が、いつの間にか宇宙や世界の本質や真理に関わる、考察や現象に直結してしまう」
…そんなストーリーの物語を指すように、感じてます。

なぜ急にこの言葉を思い出したかというと。
たまたま、テレビで「まどか・マギカ」の特集をちょっと観たからです。

●この作品、少し前にすごい反響を巻き起こして、社会現象とも言われたほどでしたね。
私は内容をよく知らなかったので、今回その特番を見て、ちょっと感じるところがありました。

「まどか・マギカ」はいわゆるストレートな「セカイ系」では無いかもしれません。
でも、意図するところは、先に述べた私なりの定義と、近いように思います。

「果たして、こんなに反響を巻き起こしてる、あの作品って何なんだろう?」
かなり不思議だったのですが、何となく謎が氷解したように思いました。

●ことばではナカナカうまく説明できないのですが(なら、文章書くな、と言われそうですが(笑))
ある表現があって、それを観る人なりに解釈する。そういうための作品、ではないでしょうか。

ミステリーや、ホラー、あるいは日常系のほのぼの話、ではない。
たとえば「まどマギ」を観ることで、自分の心の中にあるモヤモヤとか、「形にならない思い」を、それに投影、反映することができる。

そういう感じがしました。

●一昔前、いや、ふた昔くらい前かな。
こういう役割を担っていた、表現手段があります。
それは、「純文学」です。

いま、純文学はほとんぼ、風前の灯…というとオーバーですけど、
明治・大正や日本の近代文学の主流だった“純文”は、とくに若い人にはほとんど受けません。

でも、日本では明治文学あたりからこの方、“ブンガクでテツガク”をしてきたのですネ。

「まどマギ」は、映像を大きく取り入れた「現代の純文学」的な役割を、世の中で担ってるように感じます。

ほとんど思いつきで書いていますが、今度機会があったら、もっとよくこの作品に触れたい。
また、新たに考察してみたいなと思いました。

雑貨の仕事をしてます。
キャラクター雑貨がらみで、キャラクターも好きです。

音楽も好きですが、好きな曲の初音ミクバージョンを聴いて感心!
ボーカロイドを聴くようになりました。

機会があれば、いろいろ投稿したいと思ってます。
宜しくお願いします。

twitter http://twitter.com/tamaonion

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    今晩は、次はエッセイ作品ということで、私もちと考察。

    実は、まどマギの新番組としての放送分の後半は、あの”東日本大震災”に重なってしまって延期され、作品の内容的にも問題があり、ほとぼりが冷めた頃に、新聞1ページ全部使った大々的な”まとめ放送予告広告”(これは私も保存しました)を出して、後で残りをまとめて放送する、そういった経緯があります。

    そして、まどマギ自体の内容が、キャラやタイトルデザインを全て裏切る、とんでもない”鬱展開”だったため、当時、大震災で、それでなくても情緒不安定になっていた私にとっては、とても見る事が出来ず、ずいぶん経った”再放送”で、勇気を出して、全話完走しました。

    そんな”まどマギ”は、まさに監督の手腕、これに尽きるわけで、他の監督ではとてもこんな展開、出来る手腕はないと言われてます。まぁ、それだけ変わり者の監督、という事もありますが。

    で、当の内容は、ネタバレになるので、あえて書きませんが、『メインシナリオはともかく、見る物の感性、それでどうとでも取れる』、という、不思議なアニメでした。

    キャラ一人一人の、その時の行動から感情、展開まで。更に、とあるガイドキャラの言っている抽象的意味、イデオロギーまで、全部、”見る物が勝手に感じ取ってくれ”的意味合いを持ちます。なので、ラストの展開の意味も、たぶん、見る人で全部違っていると思いますよ。

    そんなこの作品は、まさに、小説の”純文学”=やたらに具体的な表現の説明を押しつける表現を使わず、読者の感性で、感じ取ってくれ! そういう意味合いのある、そういうモノだと思います。

    まどマギは、とても抽象的作品なので、難解ですので、あまり気楽に見られる作品ではないかも。

    ではでは~♪

    2013/12/03 23:39:22 From  enarin

  • userIcon

    メッセージのお返し

    enarinさん、メッセージ有難うございます!

    そうなんですか。まどマギにはそんな経緯があったんですか。驚きです。

    しっかり作品を見ていない自分としては、当時、ツイートのタイムラインとかで、知り合いが放送や配信を心待ちにしたりする様子を、不思議な目で眺めていました。

    enarinさんの今回の説明で、まどマギの社会での捉えられ方、そして受け手の心など、すごく良くわかったように感じます。

    つまり世の中で必要とされていたもの、もっと言えば、社会での欠落部分を埋める役割を持ったんでしょうね。

    あの可愛らしいキャラ設定や絵が、そういう重い役目を受けられる、ということにも驚きますが、虚淵さんですか、監督さんの資質も優れたものがあったのでしょう。

    難解ということですが、何らかの形で作品を味わってみたいと思います。ちなみに、文章の作品はあるのか、映像(アニメ)だけなのか、その辺も気になります。

    メッセージ、どうもありがとうございました。
    また、感想、意見を聞かせてくださいね。

    では、また。

    2013/12/05 21:57:37 tamaonion

もっと見る

▲TOP