Q

投稿日:2017/04/13 00:04:27 | 文字数:329文字 | 閲覧数:43 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

友人が書いてくれた詩です。
代わりに載せます。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

​作詞:921


謎々の出口探して日々を渡る
乾いた心と鉛の身体を引きずり歩くよ

逃げるように夜に飛び込み
出口見失って迷い果てて
凍えながら足を止めてるのか

昨日の夜の中を迷っても
答え見つからない

ただ僕らは夜の真ん中で
昨日の悔いを笑いながら
明日に渡る鳥のように

ただ走る 明日に走る

このまま止まれば後戻りだ
謎々の夜が明ける方へ

夜明けが近いの知ってるだろ?
なら信じて進めよ

迷うなよ

昨日の夜の中に戻るなよ
答え見つからない

また僕らは夜の真ん中に
昨日の悔いを置き去りに
明日へと飛ぶ鳥のように

ただ渡る 明日に渡る

このまま行けば白い夜明けだ
謎々の夜が明ける方へ

夜明けが近いの知ってるだろ?
なら信じて進めよ

初めまして。Mizzo(ミッツォ)と申します。

「初音ミク V3」を使用して作曲活動をしています。

ジャンルは主にポップス系
基本、歌詞から旋律や構成を考えています。

作曲依頼大歓迎です!
作詞、イラスト随時募集中!
よろしくお願いします^^

※新参者な故、作品の内容を随時更新することがあります。ご了承くださいませ!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • Q

    by Mizzoさん

オススメ作品10/25

もっと見る

▲TOP