計画停電の夜に 歌詞

投稿日:2016/10/14 20:29:07 | 文字数:406文字 | 閲覧数:559 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

夜が街をおかしてゆく瞬間
キミは急にだまって、静寂
『計画停電の夜に』
いつもはみえない星座をみた
キミの想像ラジオがアタマにながれて
“サヨナラだけが人生だ”っていう
バイクとばしてヤビツ峠まで
マイクとってうたってよフック

空から星が舞い降りてきて
ふたりのあいだまた照らしたら
いいかけてたコトバ聞かせてよ
この計画停電の夜に

送電線突っ立ってる――。
「ここでキスしてよ。バレないの、今夜だけは」
魔法にかかったような甘い時間
たがいにさスローモーな感覚
いつまでも朝なんかこなけりゃいい
なんておもうすみっこで
あのときボクらが生きて、
誰かが死んだのいまでも考えてるの

あのネオンやコマーシャルが消え
すべての街の光がおちたら
いますぐキミのもとへとんでゆく
ひとびとが祈りをささげるこの空から星が舞い降りてきて!
ふたりのあいだいま照らしたら
いいかけてたコトバ聞かせてよ
この計画停電の夜に

(プロフィールはありません)

もっと見る

▲TOP