バレンタイン(カイト)NO.3(中編)

投稿日:2009/03/31 18:31:19 | 文字数:689文字 | 閲覧数:95 | カテゴリ:小説

ライセンス:

短くてすいません。
でも、中編なんで!!そこらへんはご了承ください。

やっと、後編になります。

それに、もちぐまさんにも手伝ってもらいました!!
もちぐまさん!!ありがと(v^-゜)ございました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

読む前の注意事項
・文章力が余り無いので会話だけになります。
・キャラの性格が壊れます。(多分)
・なんかもうフリーに書いてます。

短縮しますゴメンなさいm(_ _)m
カイト→カイ
マスター→マス

そんなんでもOKな方どうぞ見てください!!
続き物なのでNO.1(ワンでなくイチです)も見てください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2/14
pm2:30
双子が帰った後、カイトは自分の部屋に行ったきり、約30分も篭ったまんまのカイトにマスターはカイトの部屋の前に居る。
マス「カイト・・・」
マスターは小声で名前を呼んだ、でも返事が無い。マスターはこれ以上待ってても、出て来ないと思い隣の自分の部屋へ行った。
ガチャ バタン
マス「カイト・・・」

カイトの部屋
カイトはベッドに転がって、今日の事を考えた。
カイ(レンとリンが来ると思わなかった、レンがマスターの事を好きな事は知っていたけど、マスターも嬉しそうだったし・・・やっぱり僕なんかがチョコをあげても・・・嫌なだけなんだ!!)

マスターの部屋
マス(カイト・・・俺が好きなのはお前だけなんだ!!それを一番知っているのは、カイト、お前じゃないのか?これは俺の勘違いだったのか?)
マス「カイト・・・」
マスターはカイトの名前を無意識に呼んだ。

カイトの部屋
カイ(明日どうやって、マスターに会えばいんだろう・・・。)
カイ「マスター・・・」
カイトはマスターの名前を無意識に呼んだ。

カイトとマスターのココロは次第にすれ違って行くのか・・・。


つづく・・・。

カメより遅い投稿です・・・ ←え

KAITO兄さんは俺の嫁だああああああぁぁぁぁぁぁぁ!!

主にカイト兄さんとミクでのものしか書かないです。
たまにがくぽも出て来たり、出て来なかったり。←おい(主にコラボで)

小説を書いたり、歌詞を書いたり、主にテキストですね。
「イラストを描きたいな~」っと思ってるのだけど、それ専用の機械がない。
あったとしても綺麗に描けないし、可愛くないので我慢です。

こんな私ですが、仲良くして下さい。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/18

もっと見る

▲TOP