ビバ・ラ・桜

投稿日:2017/10/15 09:38:17 | 文字数:221文字 | 閲覧数:37 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

明読斎(めんどくさいと読みます)に名前を変えました。
曲を作り直しています。
聴いていただけましたらうれしいです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

空に舞うさくら
手のひらに乗せ

溶け込んでゆくよ
君とひとつ

すぎた季節の中には
うしなったものや

傷ついた心少しでも
忘れたいことになるね

空から落ちてくる
さくら見上げ

さぁ

枯れた木々に触れ
いぶき吹き込み

僕はここにいる
百年後も

だれかとつながっていたい
なんて気持ち

上を見ればただそこにあるのは
ピンクの光だけ

僕らが語りかければ届く

ほら

空に舞うさくら
手のひらに乗せ

溶け込んでゆくよ
君とひとつ

初めてボカロを投稿してから2017/4/20で7年が経ちました。
これからも曲を作っていきたいと思います。
よろしくお願いします。
明読斎

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • ビバ・ラ・桜

    by 明読斎さん

オススメ作品10/20

もっと見る

▲TOP