PSR B1257+12

投稿日:2013/02/16 11:30:54 | 文字数:247文字 | 閲覧数:76 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「それは気がつく」 氷と光だけ
遠い銀河の惑星の一つ
「それは見上げる」 宇宙で一人きり
星の鼓動に真空が透ける

どう言うのか?
どう言うのか?

「それは捨て去る」 幾何学が成す模様
美意識という現象が残る

どう言うのか?
どう言うのか?

天の川には今 青い蛍が生きていて
それは氷の中 遥か無限に息をする

「それは輝く」 水晶が割れる音
反射の果てに瞳に映る

どう言うのか?
どう言うのか?

空の夜光虫は 時の終わりを生きていて
それは哀しく今 永久の孤独に燃えている

嗚呼…

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP