【初音ミク】Stargazer【オリジナル曲】

投稿日:2022/07/02 04:24:24 | 文字数:425文字 | 閲覧数:17 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

寒空の下
頬を赤く染めて
独りで歩く帰路で
路地裏を抜け
たどり着いた丘の上
お気に入りの場所

季節外れの
織姫と彦星
見えるはず無い 
わかってるけど

ひとつ ふたつ
流れる星数えて
君の隣に行けるかな
きっと きっと
いつか届けるから
この想い星に乗せて

夕日が落ちて
茜色に染まる空
ひぐらしが夜を告げる
今日も独りで
買った熱々コロッケ
甘いけど苦い

君と僕が見てる
満天の星空
同じようだけど
少し違う
気付いてるかな

ひとつ ふたつ
瞬く星座のように
僕も輝いてみせるから
ずっと ずっと
照らし続けていて
暗闇で見失わぬように

季節外れの
織姫と彦星
見えるはず無い
わかってるけど

ひとつ ふたつ
流れる星数えて
君の隣に行けるかな
きっと きっと
いつか届けるから
この想い星に乗せて

君と 君と
あのオリオンを越えて
どこまでも一緒に行けるなら
何も 何も
怖くなんてないから
光り続けていて
暗闇で見失わぬように

普段はベースの譜面とか作ってます。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【初音ミク】Stargazer【オリジナル曲】

    by たぶやさん

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP