レアリテ

投稿日:2013/08/25 19:44:41 | 文字数:475文字 | 閲覧数:567 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

レアリテの歌詞です

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

全てを知れる 何も解らず
一人に世界は ひとつだけ

全てを繋ぐ 切れやすい糸
世界に一人は ひとつだけ

光る窓が囁く
嘘を本当のように

だから僕は迷うんだ
棄てるべきかを

彼らは行ったよ 風の形をして 消えて
きっと 僕が諦めた明日の世界に

必然を厭う生き物に生まれたのさ
息もできない程 大気と擦れながら

痛みが無いと 傷つけた
痛みの痛さに 慄いた

きっと彼らは上手くやるだろう
臆病ものの 時計は早く

光る窓が囁く
絶望を希望のように

だから僕は生きるんだ
騙されていても

光る現実が 鯨になって 沈んで
貝になるまで凍えた 愚かな白昼夢

僕は信じよう この目で見たものだけを
息もできない程 水圧に溺れながら

光る窓は映している
肺の破れた赤い船

光る窓は映している
紙をばら撒く戦闘機

光る窓は壊れている
虹の塔と煩い無音

僕はここに在るの?
そこに在る?

醒ませ 真実はその窓の向こうにある
そうさ 彼が生きたかった明日の世界に

僕は生まれよう 愛せなかったその場所へ
窓は目を閉じている 光が眩し過ぎて

インスト、歌詞を公開しております。ご自由にお使いください。
ニコニコ動画:http://www.nicovideo.jp/mylist/26686518

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    使わせてもらいました

    お借りしました

    2019/06/16 14:41:50 From  sume_red

もっと見る

▲TOP