【人形姫シリーズ】唄うたいの花娘【和風忌憚?】

投稿日:2011/10/03 22:17:16 | 文字数:306文字 | 閲覧数:55 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

シリーズ3部作目です。
箏曲調が似合う歌詞になればいいなぁ、と念じて作りました。なってるかは分かりませんすみません石はやめて
一番のみの通し歌詞のため今回はあまり韻を気にしませんでした。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

唄うたいの花娘
Vc*花篭姫(GUMI)

この狭い 花篭のなか 私はうたう、愛の唄

あの日私は一人密か 衆寡に紛れ街に出た
その日城下は花祭り 色とりどりの花々に 私は瞳を奪われた

そこで見かけた 一輪の華 派手な美こそ無かれども 不思議と惹かれる花だった

華売りの女に私は訪ねた
台詞)「ご婦人、このお花はいくらでしょうか」
すると女はこう答えた
台詞)「どこにでもある野花さ。好きに摘んでおゆき」

名も知らぬ花 麗しき蒼の華
その蒼に 私は 溺れ、たゆたう
その病の名は 誰一人知らぬ
麗しき 癒えぬ 華至ル病


嗚呼あああああああ


私は唄う 癒えぬ病 楼閣の奥
この身の華が 枯れ堕ちるまで

≪必読≫【ご依頼をされる方へのお願い】

【!】コラボ:『絵描くお!』経由の方はコラボ内の指名掲示板から御依頼下さい。

【!】動画以外で同一時期に同一内容の御依頼を大量複数の方になさっている場合、御依頼をお請けしかねます。ご了承下さい。

【!】折角描いたサムネやアイコンを、たったの1度も
   使っていただけないと、非常に哀しいです。
   利用予定が明確になってからご依頼下さい・・・。

※コラボ以外の通常投稿イラストの使用は動画に限ります。

..........................................
粉砂糖です。用法容量をお守りください。スイーツ(笑)では断じてない。多分。

余話
フォロー数がどえらいことになっていますがとにかく作風が気に入った方をフォローしていったらこげんこつなりました。皆さんの爪の垢濃縮還元で呑みたい。今後もナチュラルに増えます。ナチュラルに。
イラストと作詞で活動しています。ぐっさん愛。

ぼちぼち描いていきます。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/22

もっと見る

▲TOP