星に願いを 歌詞

投稿日:2019/06/19 18:49:02 | 文字数:766文字 | 閲覧数:876 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

星に願いを

作詞曲/Δ



一人眠れないまま 黒い天井を眺める
点描のように散らばった架空の星を繋げて
願いを込めたって ああ、そうさ これは所詮紛い物
救世主の死んだ世界で僕はいつまでも 探し続けるんだろう
追いかけ続けるんだろう


夜風に吹かれたくて コンビニまで歩いて
欲しくもないアイスを買って美味しくて また生き延びてしまって
きっと これをずっと続けるんだ 誰にもなれないまま
君のせいだなんて言うつもりもないよ 本当だよ

幸せが怖いんだよ もう何もいらないよ
目を閉じれば焼き付いたあの日の夜空 あの曲のメロディ
ねえ 才能なんて嘘だ 努力なんてただの詭弁だ
(才能はあるんだ 努力はきっといつか報われる)
なんて 誤魔化して繕った この心臓はもうずっと膿んでるんだよ

傷口を自分で掘り返してはまた悦に浸って
もう手遅れなんだよ


もともと未練はなかった 明日死んでやろうと思っていた
そんな時だ やっぱり出会わなければな
嫌になったのが運の尽きだ 嫌いなところを探し始めた
(君が教えてくれたことだ 生きる理由に変わってしまった)
もう戻れない所まできてしまったのに
どこか期待してるんだ
遠くにちらついた微かな光
届かないとそう分かってても
追いかけてしまうよ

朝日は嫌いだ 夢が終わるのが分かるんだ
今日も駄目だったんだななんてあの日の僕が笑うんだよ
だって仕方がないだろう あの時から僕の目は壊れてるんだ
もうこれしか見えないんだよ

どうしようもないくらいに綺麗なものを見たら死ねるのかな
けど魅入られてしまった僕の心臓が未練を叫ぶんだ
君は呪いだ 君は鎖だ 君は枷で君は救いだ
僕は君に出会えてよかっただなんて

星が綺麗だ

(プロフィールはありません)

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP