環状線

投稿日:2017/05/20 19:07:36 | 文字数:391文字 | 閲覧数:31 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

青藍の中に星を浮かべ
届かない明日を濯いだ
蝉時雨 雑念を払って
街灯に沿って過去へと

溢れる想いは地を濡らし
また同じ場所へと還る

廻り廻る 感情の迷路を
照らせ 月よ 曝け出してよ
流れ流る 真夏の夜(よ)の歌を
どうか聴かせてもう一度


紺碧の空に幸(こう)を願い
乾ききった今日を潰した
夢花火 彩りを燃やして
残り香に依(よ)って 夜へと

巡り巡る 心のリングを
毀て 星よ 焼き尽くしてよ
繋ぎ繋ぐ それでも命を
どうか 咲かせて もう一度


夕闇に混ざる この心も
堂々巡りの環状線
真夏の夜(よ)の夢を殺して
鍵(けん)を、弦を、鼓を鳴らせ

廻り廻る 感情の迷路を
照らせ 月よ 曝け出してよ
流れ流る 真夏の夜(よ)の歌を
どうか聴かせてもう一度

巡り巡る 心のリングを
汚せ 星よ 焼き尽くしてよ
繋ぎ繋ぐ それでも命を
どうか 咲かせて もう一度

作曲作詞編曲MIXマスタリング辺りできるひと。
横浜に生息するだいがくせい。

@Fe3O4_11

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 環状線

    by Magnetiteさん

オススメ作品10/21

もっと見る

▲TOP