ふたり花火

投稿日:2017/08/07 04:45:15 | 文字数:343文字 | 閲覧数:549 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

http://www.nicovideo.jp/watch/sm31703843
ふたり花火の歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ふたり花火


にぎわう人達 夏の終わり
君と行った お祭り
浴衣姿の私を見て
君は少し照れていたね

手を繋ぎ人波を掻き分けて歩いた
誰もいない公園 星屑が照らしたこの場所で

見上げた花火は今も胸の中に痛いくらい残ったまま
届きそうだねと笑う君の横顔に恋をしていた


最後の花火上がる前に隠れてキスをしたね
好きだよと言った君の顔は暗くてよく見えなかった

少しでも君の事 嫌いになれたなら
楽になれるかななんて思うけど 出来るはずもないよ

もう一度君に会いたいんだ 
二度と会えないこと知っていても
目を閉じたら あの夏の夜に戻れるような気がしたの


今年の花火が夜空に咲く 君も同じように見上げてるの?
君が大好きで今も好きで
こんな日には思い出すよ
君といたあの夏の日を

初めまして。ボカロPとか歌い手とか音楽活動してます木村ユタカです。
こちらでは主にボカロPとして載せてます。
ぜひオリジナル曲を歌ってみてください。
歌い手の皆様よろしくー。

ボカロ曲でニコニコに上げてるもの
http://www.nicovideo.jp/mylist/51011484

もっと見る

作品へのコメント2

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    使わせてもらいました

    お借りします!生配信などで歌わせていただきます!

    2017/08/29 00:31:40 From  あきまよ

  • userIcon

    使わせてもらいました

    お借りしました

    2017/08/08 19:16:28 From  sume_red

  • ふたり花火 オフボ

    by 木村ユタカさん

もっと見る

▲TOP