ASHIOTO

「一人の私を知らないでしょ」
つぶやく声 さみしく響く
あなたがいない時の部屋は
なんか寒くて なんか広くて

天気予報 裏切る雨の気配
傘はあるかなとかって
いつも心配になるよ

笑っていますか この瞬間に
閉じた窓ガラス 映し出す遠い空
ただいまって言葉が一番好き
足音でわかる幸せ
私だけの予感が ああ


なかなか吐けない弱音でも
私にだけ そっと聞かせて
心の隅の 隅っこまで
埃を取り去ってあげたい

どしゃぶり雨は すっかりやんだ
洗いあがりの星たち 輝き始めた空

無理してないかな 疲れてないかな
磨り減った靴思い出す 午後10時
おかえりって素敵 リボンをかけて
あなたにあげれる唯一のプレゼントだから


どんな出来事も意味があると
どこかで読んだの
あなたを待つ時間も寂しくない
寂しくないよ…
あなたのおうちはここだから
ねえ ずっと待ってるよ

笑っているかな この瞬間に
閉じた窓ガラス 映し出す遠い空
ただいまって言葉が一番好き
足音でわかる幸せ
私だけの予感が ああ

ライセンス

  • 非営利目的に限ります
  • この作品を改変しないで下さい

ASHIOTO

Lyrics : 中村彼方
Music : 赤髪

閲覧数:1,601

投稿日:2016/12/10 13:33:40

文字数:462文字

カテゴリ:歌詞

ブクマつながり

もっと見る

クリップボードにコピーしました