玩具屋カイくんの販売日誌 (111) パクリかどうかを探れ!

投稿日:2011/07/10 12:05:10 | 文字数:1,272文字 | 閲覧数:64 | カテゴリ:小説

ライセンス:

次回、ミッションを携えて、勇者が乗り込んでいきます。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「え、ミクドールって、私、よく見たことなかったけど」
モモちゃんは、そう言って、店のチラシを、机の上でトントンとそろえた。
「そんなに、ここに展示してる、“アマガエルのフォギー”に似てるの?」
彼女は、不安そうな顔をした。

「うん、なんか似てるみたいだヨ」
テッドさんはうなずいて、店内に並べてある、いろんな絵をぐるっと見渡した。

モモちゃんの画廊、カフェ・ギャラリーの「ゆうひ」。
ちょうど、アーティストの、霧雨きょうこさんの個展が開かれている。

本人の霧雨さんは、今、外出しているが、
絵本作家のテッドさんが、ふらりと現れたのだ。


●似てると言えば...

「あらあらー、賑やかな展示ねー」
のんびりした声がして、2人が振り向くと、また、ギャラリーに2人連れが入ってきた。
友人の、デザイナーの湯栗(ゆくり)さんだ。
後ろにいる、スラッとした男性は、広告デザイナーのトニオさんだ。
さいきん、この「ゆうひ」の隣町に、雑貨ショップ兼デザイン事務所を構えた人だ。

「はじめまして」
トニオさんは、モモちゃんとテッドさんに挨拶する。
「すてきなギャラリーですね」

「ねーえ、さっきちょっと聞こえたんだけど」
ゆくりさんが、のんびりと言った。
「この、霧雨さんのフォギーちゃん、何かに似てるんですってえー?」
「そーなんですよー」
テッドさんが、困ったように言った。
「テトのやつが作ってる、“ミクドール”にね...。テトのやつ、ナーバスになっちゃってね」
テッドさんの妹は、雑貨デザイナーのテトさんだ。

「うーん」
それを聞いて、デザイナーのトニオさんはちょっと首をかしげた。
「そういえば、そういう感じもする、かな」


●あの子、パクリしたの?

「ほ、本当ですか」
モモちゃんは、困った顔をして言った。
「どうしよかな、展示なんかして」

「あらあー? じゃ霧雨さん、パクリしたのー?」
いきなり、ずけずけと言ったので、3人はびっくりして、ゆくりさんを見た。
「そんな子では、ないと思いますよー」

「うん。まあ、アートの世界では、潜在的に、イメージが似ちゃうことって、よくあることだ」
絵本作家らしく、テッドさんが言った。
「そうですね。それに、ギャラリーではいろんな作品を展示するのは、自由なはずですから」
トニオさんも言った。

「そうよー。似てるけど、そんなに気にしたり、センサクする人は、いないと思いますよー」
ゆくりさんは言った。
「そうかな?」
モモちゃんは、笑顔になってうなずいた。



●困った仕事

その頃。
キディディ・ランドのスタッフ・ルームで、女装に余念がない人がいた。
「まったくもう、嫌になっちゃうよ」
カイくんは、つぶやいた。

ミクちゃんの命令で、女装して、ギャラリー「ゆうひ」に探りに行くことになったのだ。
着かけたブラウスを脱いで、ワンピースの服に手をかける。
「こんどは、この前より、少し地味にしてみようか」

「ほんとに、困った仕事だ」と、うれしそうにつぶやいた。v(。・ω・。)

雑貨の仕事をしてます。
キャラクター雑貨がらみで、キャラクターも好きです。

音楽も好きですが、好きな曲の初音ミクバージョンを聴いて感心!
ボーカロイドを聴くようになりました。

機会があれば、いろいろ投稿したいと思ってます。
宜しくお願いします。

twitter http://twitter.com/tamaonion

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP