ある老人の独白-鏡音リン・レンへ-

投稿日:2008/12/27 20:23:08 | 文字数:565文字 | 閲覧数:340 | カテゴリ:小説

ライセンス:

一周年記念に誕生の反対を描いてみました。
本当は語っているのではなく、思っているに過ぎないのだけれど。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

きっかけは二人の交通事故死だった。
下校途中二人で歩いていたところをトラックに轢かれたのだ。
凛は即死、連も搬送の後、一時間で死亡した。
けたたましく葬儀が終わった後、魂の抜けた日々を送る息子夫婦に、鏡音リン・レンを贈った。
名前も年も、何もかもが孫達にそっくりだったからだ。
彼らのあの歌声を初めて聞いた日を忘れない。
気が付けば発売日にそれを手にしていた。

息子夫婦は当初、リンもレンも「まがい物」として受け入れなかった。
そっとしておけばよかったのかもしれない。
しかし、彼らが歌うたびに表情が和らいでいくのを日々感じた。
まず義娘から彼らとよく接するようになり、最近では息子もまんざらではないようだ。
彼らは私にも実によく慕ってくれる。
代わりとして購入したリン・レンだが、もう代わりではない。
三番目と四番目の私の孫だ。

思い出が頭を駆け巡る。
これが走馬灯というものなのだな。
リン、レンが静かに歌っているのだけが聞こえる。

たった一年だが、お前達と出会えて私は嬉しく思う。
誕生日おめでとう。リン、レン。
そして私の孫になってくれてありがとう。
リン、レンをあんまり泣かせるんじゃないんだぞ。
レン、勉強をさぼってばかりいるんじゃないんだぞ。
お父さんとお母さんの言うことをちゃんと聞きなさい。
それから・・・

元・ピアプロのタグ付け職人です。
2007年12月8日からいます。

【ABOUT】
連絡先 reitia02@gmail.com
ブログ http://reitia01.blog31.fc2.com/(更新終了)
Twitter http://twitter.com/reitia00
ニコ動公開プロフ http://www.nicovideo.jp/user/5310968

アイコン画像は森尾モリトさん作です。
http://piapro.jp/content/t960pq3xa3xsvfuu

もっと見る

作品へのコメント3

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    その他

    >torotasさん
    ありがとうございます。
    そうですね。ソフトウェアではなく、実体のあるボーカル・アンドロイドとして描いてます。
    切ないですが心温まって頂けたなら幸いです。

    2008/12/28 00:51:17 From  レイティア

  • userIcon

    その他

    >薪原あすみさん
    ありがとうございます。
    一周年記念として唐突に思いついたものなので短いですが、
    書きながら人生について自分でも色々考えさせられました。

    2008/12/27 20:33:01 From  レイティア

  • userIcon

    ご意見・感想

    せつないですね。だけど
    短いながらもいろんなものが詰まっているように感じます。

    2008/12/27 20:22:04 From  薪原あすみ(asmP)

もっと見る

▲TOP