テールランプと金魚鉢

投稿日:2018/03/12 19:34:12 | 文字数:517文字 | 閲覧数:566 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ねぇ 僕の事を君の事と
想う君は何処にいるの
考えてもキリがないと思うのが
もう思う壷ね

点滅灯 忘れたまま
迂る後を追えなかった
心做しか 解ってたよ
もうそこに愛はないこと

どうせ何度も 気付けないことばかりだったから
どうせ何度も あどけない仕草でさ 騙ってる
どうせ何度も 流せない膿を瞼に留めては
どうせ何度も 来るはずもないあの日をね 待ってたよ

ねぇ いつかの槽で 泳いでいた
温かくて明い色も
硝子越しじゃ 解らないよ
鼓動は確かにあるのにな

膿が漏れて 空になれば
僕らはもう 呼吸も出来ない
ただそこには色があるだけ
冷たく白んだ無機物

どうせ何度も耐え切れないことばかりだったから
どうせ何度も空いたままの器だけ見つめてるんだ

歌唄いの深い場所から
乗り継いできたんだろな
手放した螺旋も愛想も
鎖も錘もね 無くても
遠くに行けない
僕らは死体になったって 変われない

『もういいよ 何もないから』

どうせ何度も 傷付けてしまうことばかりだったから
どうせ何度も あどけない笑顔で また語ってる
どうせ最期は ままごとみたいな愛の日を諳んじるさ
どうせ最期は 瞼に浮かんだ風景に
そっと蓋をするよ

よろしくお願いします。
Twitter:@vinegar_vinegar

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

もっと見る

▲TOP