心の華

投稿日:2016/01/01 23:47:11 | 文字数:251文字 | 閲覧数:47 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

思いを届けたいと思うこころ、雪の下に眠ってる華の声は誰にも届かない。でも、雪が解ければ綺麗な花を咲かせる輝かしく咲く、人の心も雪の中で埋まっている声はいつか自分の声として伝えられる。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

真白の下に 眠っている華は
見たことも 名前も知らない
ただ凛々しく 蕾を結んでる

雪が舞い降る中に佇む一人
君の名前を叫ぶんだ 気付いてよ
僕の想い 届かぬまま静寂包む

美空の下で光ってる雫
煌めいて 言葉を照らして
まだ黙々 口を噤んだまま

季節は巡り巡り 櫻が咲いた
君の名前を いつまでも呼ぶんだ
僕の想いよ届いて 君の元へ今

巡る季節の中にいた君の声
君が名前を叫んでた 気付いたよ
あなたの想いを受け取るよ

真白な下に眠っていた華は
綺麗な 花弁を咲かせ
一緒に この道を歩もう

歌詞をごくたまに書いてます

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/32

もっと見る

▲TOP