代理投稿 はるかかなた 歌詞

投稿日:2017/08/24 16:48:26 | 文字数:438文字 | 閲覧数:64 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

歌詞 水 千尋さま 作 
応募されていたテキストを消されてしまったようなので代理で再投稿させていただきます

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

向こう岸渡れば 見ることができる景色
そこへいけたなら すべて報われる気がする
何かから憑りつかれた 日々を送るのももううんざりと
想像を超えていこう その先に新たな真実が

いつも遥かかなたと 思っていた存在をもっと近くに
感じたくて一途な想いめぐる 指先で描いたあの大きな虹へ

構わないでくれと指を振りほどいた感覚 どこかに残って時折苦しめてくる
あさりたい 満たされたい まるで飢えたブタの群れのように
そうやって憑りつかれて だけど癒されたこの日々に

願いごとがあるなら思いっきり口にして掲げてみよう
なだれ込む一気に押し寄せてくる 出来事の数々 つぶされないように

通れない行き止まり 大きな岩がふさぐ道
通れない行き止まり ふさがれてもへこたれない
いつまでも続くのは 当たり前のことではない
途切れる日 来ることが ホントは当たり前のことだった

いつも遥かかなたと 思っていた存在をもっと近くに
感じたくて一途な想いめぐる 指先で描いたあの大きな虹へ
 

活動引退しました。
ニコニコ動画 http://www.nicovideo.jp/mylist/49938777

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • はるかかなた

    by きぬここあさん

オススメ作品10/32

もっと見る

▲TOP