雨と傘

投稿日:2010/11/10 22:10:53 | 文字数:290文字 | 閲覧数:34 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

雨音に刺激されてつい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

冬のはじめ 冷たい雨
冷えた指先で僕に触れた
君が差し延べた傘の下
「ここに二人きりだね」
小さな世界に少し笑えた

時がおそろしく穏やかに
瞬(まばた)きすら許さずに
流れていってしまうから
どうか掴まえていてくれませんか
雨が止んでしまうまでは


雨のおわり 落ちる雫
冷えた指先の君が笑う
そして僕は気が付いたんだ
濡れそぼつ その肩と
傾けて注がれた優しさに

僕と指を繋ぎませんか
それから、どうぞ抱きしめさせてはくれないでしょうか
君がしてくれていたように僕も
君に優しくしてみたい


雨が止んでもそばにいてよ
優しさを傾けて、傾けられて
そういう風に
君といたい

作詞で活動中。タグ、ブクマその他諸々ありがとうございます!

 *作詞依頼などありましたら、よろこんでお受けいたします。(イラストに詩を~というのも大歓迎です)気軽にメッセージ送ってみてください^^

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP