sleeping

投稿日:2010/09/29 20:59:40 | 文字数:421文字 | 閲覧数:42 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:


向日葵の寿命って短い。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 





まどろんだ視界に
君は眼を閉じる
終わる季節が来たんだと
小さい声で ぽそり呟いた

俯き傾ぐ体に
空はもう映らない
永遠が欲しいとこの時程
願った事はないでしょう?

何を思って
君は消えてくの

土に還るこの瞬間に
君は瞬きひとつしないで
優しく僕らの下に咲く
秋の息吹に 耳を傾ける

「ほら聞こえるよ
僕らの生きた世界が」

終わりを感づいても君は
泣きごと一つ 言わなかった
ああ この時が来たんだね
僕に見せた 黄色い笑顔

誰も知らない場所で
静かに佇んでいた僕ら
永遠に生きてもきっとずっと
人に出会うことはないでしょう?

何を願って
君は笑ったの

その声が届かなくなるまで
子守唄を歌い続けよう
目立たないこの世界の隅っこで
君の祈りに 耳を立てる

「         」

土に還るこの瞬間に
僕は瞬きひとつしないで
優しく僕の下に咲く
春の息吹に 耳を傾ける

「君の種が 芽を出したよ」








妃麟です
きりんです^^

歌詞メイン。完全自己満あーんど趣味。

ただ、物好きな方がいらっしゃいましたら
一声かけてくれたり友達になってくれたりしたら
うふふ喜びます。
明日晴れそう。

感想とかは待ってます^^
つか欲しいです・・・
頑張ってまともな文を書けるように
努力します!

チキンなあたくしですが
どうぞよろしく。

ピアプロ初心者。
この紹介文って何処にうつるの?
ここ?そこ?どれ?




※ 携帯だとネット制限かかってて入れないので
基本出没は夜です。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP