ある緑の国とある青の国の物語 ~an lod tale~

投稿日:2009/10/03 13:21:23 | 文字数:1,085文字 | 閲覧数:102 | カテゴリ:小説

ライセンス:

コラボの方の歌詞を小説にした物ですw
それはこちらです↓
http://piapro.jp/content/0ueqm02hk0zeswta

続き物的なものも何時かは作ろうかと・・・;

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

――この物語は
    ある緑の国の城の姫とある青の国の城の王子のお伽話――

――時は遥か昔・・・。

王「姫!今宵も2人で踊りましょう」
姫「はい、今宵も2人で居られるのね、嬉しいわ」
緑の国の城の庭で姫と王子は城の中の1番広い部屋まで並んで歩いた。
部屋の中で王子は姫に。
王「姫、私と踊ってくれませんか?」
王子は姫の前で跪きながら言った。
姫「はい、朝日が来るまで踊り続けましょう」
姫と王子は音楽も何もない広い部屋で踊り続ける。
誰にも邪魔されない今宵の円舞曲――。
でも今宵も楽しい時間が後数時間で終わりを告げる。
王「今宵の踊りはこれで終わりですね」
姫「え!!もう時間が来てしまったの」
王「えー、名残惜しいですけど」
姫「分かったわ、じゃあ私達だけが知っている湖へ行きましょう」
王「はい、でわ行きましょう」
そして2人は皆を起こさないように長い廊下を走った。
40分かけて2人だけが知っている湖に付いた。


そこは昔、姫と王子が幼い頃に何度も城を抜け出して遊び場としていた場所で、ある日姫と王子は湖の近くに小さい家が立っていて、2人はその家のドアを開けようとした時に、その家に住んでいるお婆さんが丁度帰ってきて、お婆さんは姫と王子を見てこう言った。
お婆「あなた達は私の家の前で何をやっているのかい?」
王「僕達はここに家があったので見に来ただけです」
お婆「へー、魔女の私に嘘をついても無駄だよ!」
姫(え!魔女!!)
あのお婆さんが魔女だと知って姫は怖くなって王子の服の裾を掴んだ。
魔女は右手を2人の方へ出した、王子は姫をかばって魔女の魔法に掛かってしまった。その魔法は朝が来て夜になるまでの間は王子の姿も声も姫だけは見えなくて聞こえなくなってしまう魔法でその時はまだ夜だったのでもちろん王子の姿は姫には見ていた――。


――そして現在 ~湖~
姫「あれから約10年もたったのね」
王「そうですね、私があの魔女の魔法に掛かった次の日には、あの家は跡形も無くなっていましたね」
姫「そうね、何時かあの魔女にあったら魔法を解いて貰いましょうね」
王「はい、そうですね」


――数時間後
王「姫もう少しで朝が遣って来ます、姫今宵もまた踊って下さいね」
姫「えー、それまではお別れね」
そう言って、王子の姿は段々消えていった。
姫(今宵も円舞曲を踊れれば私は幸せよ)
王(今日もまた姫には姿が見えなくなってしまった、君を1人にはしたくないのにごめんね――。何時かきっとあの魔女を見つけてみせるから今宵も一緒に踊ろうね姫――)



――おわり

カメより遅い投稿です・・・ ←え

KAITO兄さんは俺の嫁だああああああぁぁぁぁぁぁぁ!!

主にカイト兄さんとミクでのものしか書かないです。
たまにがくぽも出て来たり、出て来なかったり。←おい(主にコラボで)

小説を書いたり、歌詞を書いたり、主にテキストですね。
「イラストを描きたいな~」っと思ってるのだけど、それ専用の機械がない。
あったとしても綺麗に描けないし、可愛くないので我慢です。

こんな私ですが、仲良くして下さい。

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    初めまして~^^ayuuといいます♪
    拝見させていただきました
    こういうのいいですね~☆
    私、こんな感じの話が大好きなんです>w<
    ブクマいただきましたっ

    あの…すごく言いにくいのですが、誤字がありました。
    王の「はい、でわ行きましょう」のところって『では』だと思うのですが…><
    乱文失礼しましたっ。+゜(゜´Д`゜)゜+。

    2010/01/19 18:09:00 From  ayuu

  • userIcon

    メッセージのお返し

    ≫ayuu様
    はじめまして
    こんな変な小説を見ていただけるなんて
    さらにブクマですか!!
    感激です!

    なに誤字があったとは
    教えていただいてありがとうございます

    続きを今作ってる途中なので見る機会があれば
    見て下さい

    2010/01/20 19:31:17 新士

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP