星屑ランタン

投稿日:2016/05/01 17:57:47 | 文字数:436文字 | 閲覧数:221 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

今考えると原点感ある(2016/5/1)
VY2
http://www.nicovideo.jp/watch/sm16967997

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

幻想の火は
暖かくもなく
刃のように
鋭く瞬く

赤いはずの
揺らめく炎は
星のかけら
銀色の光

熱を持たぬ火は
灯火のように
目の前の道を
彩り照らす

幻のような
星の灯り 
手元のランタン
閉じ込めるよ
いつでも前を
向いていられるように

優しくもない
星屑ランタン
照らせ過去を
未来につなげ
命がある限り
僕はここで
夜を照らそう

伸ばした手を
流れ星が掠め
軌道を変え
夜空に消えた

左腕を
頭上に掲げて
銀色の手で
道を指し示す

暗闇のなかでも
迷わないように
僕はここで
朝が来る時まで

最初で最後
星屑ランタン
炎の腕(かいな)
支えてくれ
あの子を一人
残して行けないよ

今諦めて
逃げて走って
泣いて叫んで
投げ出しても
僕はこのランタン
握りしめたままだから

幻のような
星屑ランタン
照らせ過去を
未来までも
信じてみよう
これからもずっと

君の背中を
押してあげる
道も照らす
僕に任せて
夜空の隅までも
星の灯り
照らし出す

曲書いてます 

Mylist→http://www.nicovideo.jp/my/mylist/#/26127596
Twitter→krkslantern
雑なTumblr→https://www.tumblr.com/blog/kkarakusa

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/13

もっと見る

▲TOP