Back Cover

投稿日:2014/09/15 11:55:52 | 文字数:1,318文字 | 閲覧数:286 | カテゴリ:歌詞 | 全3バージョン

ライセンス:

春のように希望はなく
夏のように明るくはなく
冬のように温めあえず
表に出ないその恋は・・・


9/7歌詞修正。文字数や韻を揃えました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

見透かされていた 帰納的感情
すでに消えていた 頼りないroof
桜紅葉 僕を嘲笑い
僕の先 既に冬めく

僕を照らすのは 春光などではなく
紅いカンナを踏みつぶし暗れる 夕暮れ

叫んでも聞こえない 僕の夢
裏表紙に隠れたまま消えないで 
どうして見えはしない 君の声
僕をただ惑わせたまま捨てないで

繰り返していた 馬鹿みたいなループ
誰も残酷な 星月夜に問う
蔦が絡み 君を追えない
君の先 今重ならず

僕に見えたのは 楓の華ではなく
紅いカンナを見ない振りで往く 夕暮れ

叫んでも聞こえない 僕の夢
裏表紙の隠れた詞破らないで
どうして見えはしない 君の声
僕を探してよその温かい手で

泣いて 叫んで 散って 夢見て
誰も 君も 僕も
BackCover それは僕を縛り付けた
FrontCover 夢は君を選んだんだ
いつしか頬に当たる凩
僕を包み込む

叫んでも聞こえない 僕の恋
裏表紙から逃げることを許して
どうして見えはしない 君の幻
僕の過ちを消すことのない風

紅く咲くカンナ 秋空に吹かれる
君の笑顔ただ そよいで溶けゆく


<読み・音数・メロ>

A-1 
みすかされていた きのうてきかんじょう(8・9)
すでにきえていた たよりないるーふ(8・8)
さくらもみじ ぼくをわーらい(6・7)
ぼくのさき すでにふゆめく(5・7)

B-2 
ぼくをてらすのは (しゅ)んこうなどではなく(8・10)
あかいかんなをふみつぶしくれる ゆーぐれ(18・4)

サビ-1
さけんでもきこえない ぼくのゆめ(10・5)
うら(びょ)うしにかくれたままきえないで(17)
どうしてみえはしない きみのこえ(10・5)
ぼくをただまどわせたまますてないで(17)

A-2
くりかえしていた ばかみたいなるーぷ(8・9)
だれもざんこくな ほしづきよにとう(8・8)
つたがからみ きみをおえない(6・7)
きみのさき いまかさならず(5・7)

B-2 
ぼくにみえたのは かえでのはなではなく(8・10)
あかいかんなのはなをみないふりでゆく ゆーぐれ(18・4)

サビ-2
さけんでもきこえない ぼくのゆめ(10・5)
うら(びょ)うしにかくれたしやぶらないで(17)
どうしてみえはしない きみのこえ(10・5)
ぼくをさがしてよそのあたたかいてで(17)

C  
ないて さけんで ちって ゆめみて(3・4・3・4)
だれも きみも ぼくも(3・3・3)
バックカバー それはぼくをしばりつけた(6・12)
フ(ロン)トカバー ゆめはきみをえらんだんだ(6・12)
いつしかほおにあたるこがらし(14)
ぼくをつつみこむ(8)

サビ-3
さけんでもきこえない ぼくのこい(10・5)
うら(びょ)うしからにげることをゆるして(17)
どうしてみえはしない きみのとき(10・5)
ぼくのあやまちをけすことのないかぜ(17)

A-3(前半のみ)
あかくさくかんな あきぞらにふかれる(8・9)
きみのえがおただ そよいでとけゆく(8・8)


☆カッコ内は1音で数えます

   

英語表記はironieだったり。
主に作詞をしてます。
ご依頼はついったのDMや
ここのメッセージで
ご連絡くださいませ。
さはらさんを尊敬してます。
http://ironie1833.blog.fc2.com

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • Back Cover

    by とっきーさん

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP