死神ノ手招キ

投稿日:2008/07/25 16:27:21 | 文字数:476文字 | 閲覧数:134 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

レン視点ですが途中にリンの台詞が入っています。

双子の事で命に関する事です。
双子だから同じだと…どうなっても双子だから仕方ないと、言う感じです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ある日死神は告げました
僕の姉弟のあの子の命が短いのだと

僕は信じられなくて死神の言葉を受け入れませんでした


しかしそれから数日後に
あの子は治せない程の病に侵されてしまいました


その夜僕は一人途方にくれて上の空
真っ暗な空を無言で眺めてた
どうしてなの?
信用しなかったから?
僕はずっと迷っていました


またそれから暫くして僕はあの時に逢った死神に会いました
死神は不気味な笑みを向けて僕に告げました


「君の命も少ないよ」


そう言って死神は姿を消しました
僕は信じる事が余り出来ずにいました



その夜僕は突然倒れてしまいました
気がつけば隣にあの子がいました
どうして倒れたの?
信じてなかったから?


それとも 僕たちが双子だから
運命なの?


“そうだよ 私と貴方は双子だから”

“同じ苦しみを味わう運命なんだよ”


隣で寝ていたあの子の声が聞こえてきて
僕は辛い中答えようとしたけれど
そんな事出来なかった


気がつけば体が軽くて
空を舞っていた
あの子と二人で

僕はあの子と双子で後悔した事なんてないよ

歌詞しか書けませんが、興味を持って頂ければ嬉しく思います。
基本「死神」シリーズを書きます。
これは私が考えた歌詞です。

前から考えていたのをボーカロイド使用に変えました。
でもほぼオリジナルです。
死神シリーズの設定はこちら↓↓
http://piapro.jp/content/m9u1zvqfif63zmqc

それでも宜しい方は是非イラストや、曲を付けてやって下さい。


亞北ネルの男の子ver,につきましては、こちら側は全く違う人物で有り、同じ様に思わない様にして下さい。
不愉快に思われた方が居たので削除を考えていますが(削除します)、此処は好きに考えて妄想で行っている訳で、絵に対してと指定に対しては苦情を言われても、似るものも出てくると思います。

それで言うのは筋違いだと思いますので…。
こちら側は、基本小説しか書きませんので、絵は只の趣味です。
こちら側も悪いと思いますので、絵は削除いたしました。

こんな奴ですが、本当に申し訳ありませんでした。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/32

もっと見る

▲TOP