ディスコミュニケーション・メモリー

投稿日:2022/08/15 20:35:48 | 文字数:343文字 | 閲覧数:22 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ディスコミュニケーション・メモリー

風を待った両手を広げ背伸びをして欠伸が出た
何かが始まる気配も無いまま

アラームが私を急かす私の気持ちも知らないくせに
また同じような今日が始まる気がしていた


優しい嘘ばかりつく君が嫌いになりそうになる
そのフィルターの奥が見たいよこの想いよ君へ届いて


君と私だったらどんな時も晴れるのさ
雨の中なんて歩きたく無いから

私は君がいいんだ君じゃないと駄目なんだ
目と目で通じ合えればいいのにふと思った


まだ何も終わってないけど何も始まってないから
この気持ちは嘘じゃないんだ今伝えるから


君と2人だったらどんな時も晴れるのさ
雨の中でも傘は必要ないのさ

君と2人だったら素敵なことが起こるのさ
このままどこまでも行けそうだ今なら

ボカロPやっております。シオザキミナトと申します。
よろしくお願いいたします。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • ディスコミュニケーション・メモリーOff Vocal

    by シオザキミナトさん

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP