跳ねる鼓動 染まる青 歌詞

投稿日:2021/10/17 22:23:40 | 文字数:360文字 | 閲覧数:15 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

乾いた大地に風が吹いて
無意味な日常が意味を持った
動き始めた歯車は加速し始める

愛を知らぬままの僕を憐れんで
手を差し伸べてくるその優しさは
自己満足の塊さ
あぁ 痛いほど知ってるはずなのに

逸る 感情に背を押されて
駆ける 足はもつれそうになる
跳ねる 鼓動を鎮めてくれ
突き放して 心に触れないで

走る走る 君を求めて
脳裏に焼き付いて離れない
ふわりと笑む君の姿に
焦がれた どうしようもないくらいに


踊る 心に抗えぬまま
染まる 僕の青が君色に
揺れる 澄み切ったその瞳に
僕だけを映してくれないか

秋風吹く夕暮れの中
求めた 互いの温もりを
触れた指の先を絡めた
その手を 離さないように

走る走る 君を求めて
脳裏に焼き付いて離れない
ふわりと笑む君の姿に
焦がれた どうしようもないくらいに

KAITOとリンレンが好きです。
たまにカバーやオリジナル曲を作ってます。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【KAITO】跳ねる鼓動 染まる青【オリジナル曲】

    by 瀬川輝さん

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP