君は、だぁれ?

投稿日:2011/03/30 22:03:07 | 文字数:710文字 | 閲覧数:284 | カテゴリ:小説

ライセンス:

学生シリーズが一旦、中断させていただきました。
勝手な作者ですみません(泣)

今回は、短編で「孤独」をキーワードに書いてみました☆
出演したのは、ミヤグミです♪
私の大好きなミヤグミです☆

読んでいただいた方、心よりお礼を申しあげます☆

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「君は、だぁれ?」
緑の髪をした少女は、花に尋ねた。しかし、花は何も言わない。

「君は、だぁれ?」
緑の髪をした少女は、鳥に尋ねた。しかし、鳥は何も言わない。

「君は、だぁれ?」
緑の髪をした少女は、石に尋ねた。しかし、石は何も言わない。

「君は・・・・」
緑の髪をした少女の前には、何もなかった。彼女は孤独の中、1人で歩く。
目にたくさんの涙を溢れさせながら。
緑の髪をした少女は、ベンチに座り泣いた。
「なんで、誰も答えてくれないの?」
少女は、泣いた。薄暗い中、1人で泣き続けた。
すると、向こうから1つの光が近づいてきた。
手にライトを持った、彼女と同じ緑の髪をした少年。
緑の髪をした少女は、涙目で少年を見つめた。そして枯れた声で尋ねた。
「君は、だぁれ?」
「俺??俺は、グミヤだけど?」
緑の髪をした少女の顔は一気に明るくなり、少年に抱きついた。
「うわっ、なんだよ?」
「初めて、答えてくれる人に出会ったよ♪」
「はっ?」
「花も鳥も石も尋ねても何も答えてくれないんだ。」
「・・・んなの、当たり前だろ。」
「へっ?」
「花も鳥も石も話せないだろ。」
緑の髪をした少女はポカーンと口を開き、少年は不思議そうに少女を見つめた。
「まぁ、いいや。早く行こうぜ。」
「へっ?」
「ここ暗いから、明かり持ってないお前が帰ろうとしても、迷うだけだろ?」
「いいの?」
「あぁ。ホラ、早く。」
少年は差し出して、少女は笑顔でその手をとった。

少女と少年は、手を繋ぎながら暗い道を2人で帰っていった。
孤独な少女は、孤独じゃなくなった瞬間・・・・・・

                         ~終~

甘菜(かんな)です♪

ミヤグミをこよなく愛す、グミ廃です!!
グミちゃんもグミヤくんも可愛いです......

とにかく、ミヤグミ小説が多いです。

たまに他のCP小説を書くこともありますが、やっぱりミヤグミが多いです(笑)


ちょっと妄想癖の激しい学生ですが、絡んでもらえると嬉しいです♪

{ホームページ}準備中

アイコンはお借りしました!!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/25

もっと見る

▲TOP