一夜に明ける

投稿日:2021/07/28 20:52:29 | 文字数:272文字 | 閲覧数:76 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

花明かり 心 隠した
街から切り取られた 僕は
俯いて 触れた温もり
消えていくと知っていたの                         

あぁ こんな日々
失くしたもの 忘れても
あぁ そんな世界から
むなしさ 消したくて

呑まれる前に走れ
張り裂けそうな夜に
消えてしまうより早く
伸ばした掌 確かに触れる

傍にいる
息ができなっても
きっと僕らは
描いていた先に

呑まれる前に走れ
張り裂けそうな夜に   
忘れてしまうよ
強く握った手を離さないで

壊れる前に走れ
色付く 花びらさえも
滲んだ世界に落ちた
証明を照らして

作り始めほやほやですが、よろしくお願いします。
Twitter https://twitter.com/anpon2i

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 一夜に明ける

    by あんぽんさん

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP