Two face(作曲:Yield-S様)

投稿日:2017/09/17 18:43:12 | 文字数:695文字 | 閲覧数:456 | カテゴリ:歌詞 | 全6バージョン

ライセンス:

ジャズの不規則なリズムと音の紡ぎ方に「不安」というワードが浮かびました。それを曲のタイトル「Two face」と繋げて、恋のために二つの顔を持たざるを得なかった女性、強くならざるを得ず結局一度くじけた女性の心境を書きました。おそらく恋の相手は強く輝く人で、そんな相手にふさわしい自分になりたかったのです。でも疲れと焦燥感に負けてしまいました。けれど歌詞のとおり、女性はそれでも恋をあきらめたくはないと思っており、そこを曲全体から感じ取れた(不安に相反する)強さとリンクさせています。聴く人が切なさと共感と、さらに少しの勇気と活力も得られれば…。
別のタイトルをつけるとすれば「あなただけが光」でしょうか。

http://piapro.jp/t/dqC2

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

Pre Chorus

Don't say goodbye
あなたへとめぐる この痛みを捨てないよ
例えば 運命があれば また
もう一度 出会える…の

-into-

Verse1

木漏れ日の下 微笑み歩く人々らは幸せで
わたしとはね 全然違う世界にいるようだった
だけどあなたが現れて

Bridge1

わたしの光になってくれた だから
もう一人の自分見つけた
眩しかった…

Chorus

Stay by my side
お願い 勇気づけて
強くなるわ あなたとなら 
そんなわたしを見つめていて
傍に 居るために
あなたはわたしの唯一の光

-interlude-

Verse2

でもあなたといると 怖い
だってもし あなたが ああ消えたら
わたし元の世界に戻るわ
一人じゃ立てないのにね
だから変わりたかったんだよ 

Bridge2

強く輝く自分になりたかったの
でも疲れて わたしは恋を
あきらめたの…

Chorus

Erase away
今のあなたには こんなわたしいらないね
好きという気持ちはあるのにね
それだけじゃだめなんだ
わたしどうしたら 恋を守れた?

-interlude-

Bridge3

木漏れ日の下を歩く人々は そう
幸せなだけじゃないんだ
ただ 焦がれた…

Chorus

Don't say goodbye
あなたへと巡る この痛みを捨てないよ
そしたら 運命があれば また 
もう一度 出会えるのでしょうか?

これがわたしだよ 想い消せやしないから
それでも好きでいていいなら
もう一度 受け止めて
あなたはわたしの唯一の光

はじめまして。
普段は小説と詩を書いています。
歌詞応募で気になった曲に歌詞を書いています。曲募集中の歌詞にはその旨タグをつけてありますので、気に入ってくださる作曲家様がいたらぜひご連絡ください^ ^
素敵なアイコンはそあさん(http://piapro.jp/sowasowasiteru)に描いていただきました♪
作詞依頼承っております。こちらのメッセージまたはツイッターで @Anri_Dfm まで。

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

  • 【オリジナル】TWO FACE【巡音ルカ】

    by Yield-Sさん

オススメ作品10/32

もっと見る

▲TOP