転生

投稿日:2016/02/14 16:39:00 | 文字数:707文字 | 閲覧数:63 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

piapro公式コラボ用に書き下ろした楽曲「転生」の歌詞です。

楽曲:http://piapro.jp/t/PSHI

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

転生

己が弱さに腹を立てたなら
固い岩がこの身を包んだ
己が弱さを受け入れたなら
岩は砕けてそよ風が吹き抜けた
心地よい風に身を任せていたら
突然空は色を失くし嵐が襲った
飛ばされないように
地にしがみついてると
背中が熱く 熱くなって
弾けるように開いたのは

向かい風一杯に受け止めて
上昇気流に変えたなら
忽ち雲を突き抜けてゆけ ゆけ
この翼で
遮るもののない陽射しの眩しさは
生まれ落ちてはじめて目を開いた
その眩しさのようだ 記憶はなくとも
心はちゃんと憶えてる

眠れない夜が続いたから
夜明けの美しさに気付いた
帰りの道を間違えたから
月灯りの慈しみに気付いた
憐れむ目を振り払う様なフリして
コッソリかき集めていた積み木の上から
俯瞰している自分に吐き気がして
不意に転げ落ちた痛みが
どうしようもなく 愛しかった

そこら中に 岩が転がる荒野を
歩いている僕達だから 傷つくのは当たり前さ
擦り傷は痛むけど かさぶたが治るころ
握りしめた石ころが 掌の中で ダイヤモンドに 変わってたりするんだ

空はまだ失くならない
昨日の弱い自分がまだ
残っているのなら それは

今日の自分に 明日の自分に
生まれ変われる チャンスなんだよ

大空を羽ばたく夢を見た 
降り注ぐ日差し身体中に受けて
じゃれつく乱気流も楽しんで 翔べ 翔べ

向かい風 真正面で受け止めて
上昇気流に変えてやれ そしたら
忽ち雲を突き抜けてゆけ ゆけ
この翼で

空高くから眺めた僕らは
頼りなく 小さく 見えるけれど
その一人ひとりが 限りなく大きい
僕らはそれを知っている
見上げた空の向こう側
明日の君に会いに行こう

クダマツヒカリと申します。ニコニコ動画で鏡音さんに自作の曲を歌ってもらっています。Twitterもやっています。まだまだボカロP始めたばかりです。仲良くしてくださると泣いて喜びます。
イラストはラミノア(http://piapro.jp/raminoa)さんのイラストを使用させて頂いております。ありがとうございます!

Twitter:@h_kudamatsu

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 転生

    by クダマツヒカリさん

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP