Canvas

投稿日:2015/01/28 01:35:56 | 文字数:365文字 | 閲覧数:182 | カテゴリ:歌詞 | 全3バージョン

ライセンス:

今回は、こまねこさんの作品に歌詞を応募しました。(見事に落選)
http://piapro.jp/t/mjEH


一人の画家のお話です。




(前のバージョンに、ひらがな、音節の2つがありますので、確認をお願い致します。)

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

空白に光る 未知の世界 
あどけなさ残る 青い瞳  
二人寄り添い 眺めていた 
一枚の絵画 三日月の夜 
 
あまりに 口下手で 言葉で表せない 
そう あまりに 口下手で 描くことで伝えられたら…… 
 
 
想いよ 途切れないで 
この命が尽きるまで 
想いよ 明かりを灯して 
いつまでも 
 
 
秋口の雨に 襟を立てる 
月日は輝く 水玉になる 
 
嗚呼 君なら ずぶ濡れで 華麗に踊るだろう 
嗚呼 君なら 微笑んで 見惚れるほど素敵なのだろう…… 
 
 
想いよ 途切れないで 
この命が尽きるまで 
想いよ 明かりを灯して 
どこまでも 
 
 
語りかけてた 
カンバス越しから 
僕の心は 
君のものだと 
 
 
嗚呼 想いよ 途切れないで 
この命が尽きるまで 
想いよ 明かりを灯して 
愛しい人 

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP