小説 -sigh-

投稿日:2012/01/15 21:54:26 | 文字数:1,931文字 | 閲覧数:924 | カテゴリ:小説 | 全2バージョン

ライセンス:

お久しぶりです。

今回はひとしずくP様の楽曲、
『sigh』を小説化させていただきました。
原曲様はこちら⇒http://www.nicovideo.jp/watch/sm16604595

とても楽しく作業させていただきました。
感想などいただけたら幸いです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ーPrologueー

「…っ。行かないでよ…ねぇ…!!」
冷たくなった君の手を、私はぎゅっとにぎりしめて必死に息を吐きかける。
少しでも温まるように。少しでも寂しくないように。
目覚めないことくらいわかってるの。もう二度と笑いかけてくれないこともわかってる。
でも、この手の温もりだけは感じていたい。失いたくない。
「私は…ずっと、そばにいるよ…」



ー第一章ー

○リン○ -思い出の公園・滑り台の上ー

「…。はぁ…。」
止まないためいき。今日はこれで何回目だろう。
さっきまで暑いほど照り付けていた太陽も、もう沈みかけている。
いつのまにこんなに時間が経っていたのか…。
小さいころ、よく遊んだ“らしい”すべりだい。
私はその上で、沈んでいく夕日を見つめている。
「私…どうしてこうなったの?」
前から、私には記憶がない。幼い頃から5年ほど前までの記憶。
ショックから記憶がなくなったと家族が言っていた。
記憶を失ってからの私は、まるで抜け殻のようだったらしい。
私に、いったい何が起こったのだろうか…。
「はぁ…」
理由もないためいき。つくだけ無駄なためいき。
どうせなら、幸せと交換してほしい。そうしたらきっと、幸せだらけの毎日になるはずなのに。
そもそも、一体いつから私はためいきをつくようになったの?このためいきの理由は何?
楽しいはずもないのに、私は意味も無くためいきの種を探していた。
生きていることに希望も、未来もなく。
ただ毎日、ためいきをついて、種を探して…。
こんな私、この世にいなくたっていいんじゃないの?
生きることに絶望さえ感じてきた、その時。
「…ねぇ」
突然現れたのは、天使。空から降りて来たのだろうか。
その天使は誰かにとてもよく似た顔をしていて、ちょっと生意気そうな小柄な男の子。
突然のことでびっくりしている私に、彼はこう話しかける。
「リン。君のためいき、ちょうだいよ。幸せと換えてあげるから。」
「え…? しあわせ…?」
意味が分からない。
どうして目の前に天使がいるのか。何故私の名前を知ってるのか。
何故、私のためいきを求めているのか…。
混乱する私の口から、気がついたときには言葉がこぼれていた。
「…おねがい。」
天使は笑う。
「うん! 僕はレンだよ。よろしくね!」


ー第二章ー

○リン○ -思い出の公園付近・草原ー

レンは、それからずっと私の隣にいてくれた。
私がためいきを吐きそうになると、彼はそれを全て些細な幸せに換えてくれた。

「あ。ためいきはダメだよ。だから、交換ね!!」
そう言って出してくれたのは花束。一体どこから出してくれたんだろう…。
レンの無邪気な笑顔に、私の心は癒され、幸せに満たされていく。
「ありがとう…!!」
無意識のうちに笑顔になる。今だけじゃなく、レンといると自然と笑顔になれる。
忘れてた。”笑う”ということも、”幸せ”ということも。
記憶をなくしてから、毎日に絶望していて…。
レンはそんな世界に色をつけてくれた。毎日、違う色をつけてくれる。
これが、私の望んでいた"幸せ”。そう思う。

いつのまにか、ためいきは笑顔の中に埋もれて消え去っていた。



*レン* -思い出の公園・ベンチー

リンのためいきを幸せに換えるようになって結構経った。
僕はためいきと幸せを交換するたびに嬉しくなる。



『やっと…君に…。』



リンの笑顔を見るたびに、幸せになる。
本当はリンより僕のほうが幸せなんじゃないかと思うこともあるくらい。
今も、笑顔のリンを見つめてる。
リンはふと何かを思い出したような顔をして、僕のほうを向く。
そしてきいてきた。
「ねぇ、レンはどうして私のためいきを幸せに換えてくれるの?」
「んー、秘密だよ。まだ教えられない。」
とっさにはぐらかす。
この質問に答えたら、きっとリンから笑顔は消えてしまう。
せっかく、幸せにできたのに、お返しできたのに。その意味が無くなってしまうんだ。
「まだってことは、いつか教えてくれるのね。その時がはやく来たらいいのに」
その無邪気な言葉に、僕は少し戸惑ったけど、笑顔で返す。
「いつだろうね。待っててよ」
そう言ってから、遠くの空を見つめる。空には満天の星がきらめいていた。
リンも僕の視線を追って、同じように空を見つめる。
「この星も…、一緒に眺めたんだけどな。」
思い出すと、悲しくなる記憶。
「え?」
僕の独り言にリンが反応した。
「いや、何でもないよ。綺麗な星だね」
「そうね…。すごく綺麗!!」
無意識なリン。何も覚えてないリン。
そう、何もかも忘れてしまっているんだ。何もかも…。

作詞を主にしています。
イラスト・色塗りもしています。

アイコン画像ははちみつれもん様に書いていただきました!
はちみつれもん様ありがとうございました!!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/25

もっと見る

▲TOP