禁じられた少女たち_歌詞

投稿日:2021/02/28 22:26:55 | 文字数:499文字 | 閲覧数:371 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

楽曲「禁じられた少女たち」の歌詞です

動画
✽ニコニコ
https://www.nicovideo.jp/watch/sm38345838
✽youtube
https://youtu.be/bLDb5PJZDyk

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

禁じられた少女たち

瑠璃色の瞳が悲しそうだった
初めは気づかずに微笑みかけた
透明な鏡が二人を映す
それは神様の悪戯なのか

そして
鏡の奥の扉を開けて
その秘密覗いたら
禁じられた少女たちが
夢の中で慰めあう

震える指が
そっと唇撫でる
もう止めることが出来ないほど
愛しくなる
禁じられても
ずっと傍にいるから
もっと二人の指、強く絡め
離さないで


でもいつか来るの此処を卒業してしまう日が
もう会えないのかな
だから今は
このままで息を止めてこうしていさせて欲しい
お願いだから


そして
触れるだけでも熱く燃える
二人は離れられない
求め合うこと
それが禁じられた遊びと言われても

この運命が
きっと神様がした
そう気まぐれでも
二人ならば負けないよ
永遠の時
ずっと繰り返すなら
もっと分かち合える
二人の仲終わらないよ

震える指が
そっと唇撫でる
もう止めることが出来ないほど
愛しくなる
禁じられても
ずっと傍にいるから
もっと二人の指、強く絡め
離さないで

瑠璃色の瞳と
知らない少女が…
私の瞳から涙が落ちた
初めは気づかずに微笑みかけた
瑠璃色の瞳が悲しむ意味を

初音ミクオリジナル曲とかやってます

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 禁じられた少女たち

    by VoidLamentさん

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP