悲しみの渦中で(Ⅰ)

投稿日:2012/05/29 19:51:04 | 文字数:353文字 | 閲覧数:81 | カテゴリ:歌詞 | 全5バージョン

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

幼かった僕たちは
何も知らずに過ごしてた
時を重ねるたびに
上手く笑えなくなっていた

いつまでそこにいるの?と
動けずにいる僕を置いて
じゃあね ってさあって行く
ひとり また独り

悲しみの渦中でただ虚しく
流れゆく時を眺めて
明日の希望を見つけられずに
流されてく 日々の真ん中で 泣いた


気付けば僕たちは
見えない仮面を手にして
偽りの日々の中
何か得られたのだろうか

眠れない日々が続く
朝を迎えるのが怖かった
また今日も愛おしい
仲間が 去ってゆく

孤独の海 聞こえてきた音は
こどもたちのはしゃいだ声
目を閉じ耳をすまし思いだす
あの頃はまだ みんな幸せ だったと 

出会い分かれ何度繰り返した
時の涙は川になって
僕らを乗せ運んでいくのだろう
あの日のような 輝いた日々を 目指し

亜月です。

~アイコンはすめらぎサマに描いていただきました
http://piapro.jp/t/l9It

私は、主に鏡音レン君が歌うのをイメージして歌詞を考えています。
内容は、さわやかの反対な感じが多いです。
そしてなぜか未完(修正中含む)が多いという…

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP