三社祭のころには 歌詞

投稿日:2016/05/02 13:38:51 | 文字数:949文字 | 閲覧数:143 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

作詞 平田義久

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

おっとここはどこ?
ひどいひとごみのなか
風車や面やわたあめが
ずらりとならんださわぎの浅草

ちょっとくらくらりっときたんだ
わたし時空よいによわいの
ってこれデジャヴ?
わたしひみつの組織のおたずねもの

あっちへいくはずの一の宮そっちへいったらだめだめじゃん!
こっちは渋滞どっちもいきどまり
きみにぐっと接近中!

三社祭のころにはきっとおませなきみもはしゃいじゃう
ラムネはじけたらもうもどれない
タイムワープできみに会いにいくよ!
三社祭のころにはいつも教室とちがうきみの顔
ロックはじめたらもうとまんない
心うきうき、胸がどきどきしてるの!

ったるらったるらったるらるらるら
ったるらったるらったるらるらるら

ちょっとご用心
ひみつの組織のあいつがいるかも
紺の着流しで隠れてもばればれよ

やっときづいたの?
わたしたち同じ日々をくりかえしていたの
きみといつもいつまでもふたりで踊っていたいから


あっちへいくはずの三の宮そっちへいったらだめだめじゃん!
こっちは渋滞どっちもいきどまり
きみにもっと接近中!

三社祭のころにはきっとあの夏のきみ思い出す
ラムネはじけたらもうもどれない
タイムワープできみに会いにいくよ!
三社祭のころにはいつもあの夏のきみ思い出す
ロックはじめたらもうとまんない
心うきうき、胸がどきどきする三社祭のころにはきっと
おませなきみもはしゃいじゃう
わたし神さまにお願いしたの
タイムワープでも二度と会えないの?
三社祭のころにはいつも教室とちがうきみの顔
ロックでなければいけないんです!
太鼓ドコドコ、ギターデンデケして!

三社祭のころにはきっとおませなきみもはしゃいじゃう
ラムネはじけたらもうもどれない
タイムワープできみに会いにいくよ!
三社祭のころにはいつも教室と違うきみの顔
ロックはじめたらもうとまんない
心うきうき、胸がどきどきしてるの!

ったるらったるらったるらるらるら
ったるらったるらったるらるらるら

きっとここあそこ
“本物に会えるまち”
台東区に東京メトロでGO
ずらりとならんだひとつは浅草

ちょっとくらくらりっときたんだ
わたし時空よいによわいの
ってこれデジャヴ?
わたしきみといつまでもふたりっきり

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 三社祭のころには オフヴォーカル

    by 平田義久さん

  • 三社祭のころには MP3

    by 平田義久さん

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP