【カイメイ】 Error 8

投稿日:2008/12/10 17:17:48 | 文字数:2,505文字 | 閲覧数:919 | カテゴリ:小説

ライセンス:

八話目です。

この回は、書いてて凄く楽しかったですww
普段ヘタレてて、歌ってるときとか、たまにきりっとするのがうちのカイトさんです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「カイト?えっと、手、痛いんだけど」


遠慮がちに呼びかけてみても、返事どころか、こっちを見もしない。
今は誰もいないマスターたちの部屋に私を連れ込み、ドアを閉めてもそれは同じ。


「…怒ってる、の?」


恐々そう言うと、びくりと彼の肩が震えた。


「カイ…」


もう1度名前を呼びかけたが、最後は消えてしまった。




―Error―
第八話




急な事で、状況が理解できない。
やっとカイトが振り向いた、と思った次の瞬間には、彼の腕の中にいて、これはつまり…?
…抱き締められてる、って事よね?


「ちょっ…?!」

「ごめん」


耳元で聞こえた声が、酷く弱々しくて、抗議の言葉を飲み込む。
落ち着いてみると、体も小刻みに震えている。
何かに怯えているような…そんな気がした。


「いきなりこんな事して…びっくりしたよね。ごめんね、もうちょっとだけ、こうしていさせて…」


小さな子供みたいにしがみついてくる彼に、思わずこちらからも背に腕を伸ばして、そっと撫でてやる。
思いの外背中が広かった事に驚いたが、すぐに、男性型だから、体格はそれなりにいいはずよね、と思い直す。


「…どうしたの?」


なるべく優しい声で問いかけたつもりだが、途端にカイトが体を強ばらせた。


「あ…言いたくないなら、無理に言わなくても…」

「ううん、大丈夫」


どこがだ。ここまで大丈夫そうじゃないカイトも、初めて見るが。
そう思う私をよそに、彼はぽつぽつと言葉を紡いだ。


「俺、マスターも、めーちゃんも、ミクもリンもレンも、みんな大好きなんだよ?大好きなのに…さっきマスターと一緒のめーちゃんを見て、それで」


彼の腕に力がこもる。少し痛いが、口には出さなかった。


「頭の中が真っ赤になって、警告音がうるさくて、わけがわかんなくなって、気が付いたらめーちゃんをここまで…」


警告音。
その単語に、私の頭の中でも、あの音が高らかに鳴り響く。
ずっと鳴っていたはずなのに、忘れていた。


「…怖いんだ。今回はこれで済んだけど、いつか、誰かを傷付けるような事になったら、って」

「大丈夫よ」


"深刻なエラー"と聞いて、不安で仕方ないものの、その正体がさっぱりわからないのだろう。
カイトの事だ、わかっていたら、私に話すはずがない。
それにしても、なんてベタな。ベタすぎやしないか。
一見冷静な考えとは裏腹に、頭の中の警告音はどんどん大きく、高くなっていく。


「そうよね、エラーの意味が理解できなかったら、怖いわよね。大丈夫、大した事じゃないわ」

「だけどめーちゃん」

「私にも聞こえてるの。ここんとこ、ずっとね」


そう言ってやると、彼が息を飲むのがわかった。


「まぁ、ちょっと憂鬱になってたかもしれないけど、あんたが言うような怖さは、ない」

「嘘」

「本当よ。教えてあげる」


そろそろ頭が痛くなってきていたが、構わずに腕を解いて、真正面からカイトの目を見据える。
いい機会だ。彼にも警告音が聞こえているならば、このままコソコソしていても、得はしない。


「めーちゃん?」


困惑気味に、カイトが私を呼ぶ。
かん高い警告音が、エラーの修正の必要性を訴える。
その両方を無視して、カイトのコートの胸ぐらをひっ掴むと、ぐっと引き寄せた。


「っ…?!」


いくらこいつでも、私がした事の意味は知っているだろう。
そう思った通り、カイトが狼狽えたのが、瞼を閉じていても感じられた。
唇と手を離して、顔を上げると、案の定彼は、顔を真っ赤にさせて、呆けていた。


「これが、エラーの意味。私の気持ち。…もちろん、私の場合、でしかないけど…」


真剣な声でそう言っても、カイトは放心したまま。
やはりやりすぎたかと思い始めた頃、くすりと笑い声が聞こえてきた。


「そっか、それで、ずっとあんな…」

「な、何よ、悪い?!」

「ううん、全然。むしろ嬉しい」


…は?
まさかここまで素直に言われるとは思ってなくて、目を瞬かせる。


「参ったな、知らないうちに告白してたなんて」

「い、今さら違うとか、言ったりする?」

「言わない言わない」


恐る恐る問いかけた私に、カイトは笑顔で言い切る。


「あのエラーにあんな意味があったなんて、知らなかったから、驚きはしたけど。でも…あれ?」


不意に言葉を切って、彼が左耳を抑える。
その様子に戸惑ったのも一瞬だけで、何があったのか、私もすぐに気付いた。


「…警告音、消えてる」

「めーちゃんも?」

「うん」


あれだけうるさかった警告音も、赤い光も、嘘のように消えてしまっていた。


「壊れちゃった、って事かな」

「さあ…」


だがまぁ、どっちでもいい。
あれが"恋に落ちる音"ってやつだったのかもしれないけど、あんな音じゃ、とてもあの歌の中みたいに、ときめいてなんかいられない。
それに、見たとこ、カイトに異常は感じられないし、多分私もそうだろう。なら問題ないはずだ。


「で?何か言いかけてなかった?」

「う…どうしても言わなきゃダメ?」

「ダメ」


仕方なく、彼は私の爪先の辺りを見ながら口を開いたが、そのまま何も言わずに閉じてしまった。


「カイト~?」

「…ごめんめーちゃん、無理。なんかこう…恥ずかしいです」

「私だって恥ずかしかったわよ。何?自分だけ逃げる気?」

「だからごめんって。そのかわり、って言うとアレだけど」


思い切ったように顔を上げて、カイトが私の頬に手を添える。


「もう1回していい?キス」


フリーズするかと思った。
こっちのが数倍恥ずかしいだろうが。
いちいち私の許可を求めるな。
言いたい事はいくらでも出てきたが、そのどれも口にできず、結局、言えたのは1言だけ。


「バカイト」

「うん、知ってる」


どちらからともなく目を閉じる。
溶けてしまいそう。息が詰まりそう。
その意味が、今さらながらよくわかった。

KAITOに続いてMEIKOもお迎えしたようです。やはりもっぱら喋ってます。

作品数が増えてきたので、ブクマにてまとめを作成しました。


突発的に思いついた事をひたすら文章にしている、ちょっと頭の悪いヤツです←
調子がいいと一日に数本書けますが、悪いと数ヶ月放置してしまったり、筆の速度にすごく波があります。

年長組(特にKAITO)が大好きなようです。
カイメイは正義!が信条です。

亜種もそこそこ好きみたいです。帯人とか、KAIKOとか…あれ、KAITO亜種ばっかり←
あ、最近はMEITOも好きだったりします。


ネタも大好きですが、上手く文で表せず、代わりに書いた文はほのぼのとか時々シリアスとか…あれ?orz


ブログ始めました。→http://haru202.blog54.fc2.com/

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

もっと見る

▲TOP