蛍火

投稿日:2021/04/11 23:35:09 | 文字数:389文字 | 閲覧数:507 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

水面に映る欠けた月は
悲しみに濡れた心

蜘蛛の糸を伝う雨粒は
零れ落ちた涙のよう

目を閉じたなら
止まったままの日々は輝いているのに

君のいない世界が音を失くす
ただ静かに
時を刻むことさえできなくなる
この先も

いつか何もかもが壊れてゆく世界で
ただ一人彷徨う
蛍火のように

優しい言葉を繰り返す幻
目覚めるたびに感じる無常

約束は果たされることなく
水の底に消えて行った

目を閉じたなら
温かな炎は灯されているのに

君のいない世界が色を失くし
ぼやけて
鮮やかな景色を失い続ける
この先も

いつか何もかもが壊れてゆく世界で
ただ一人彷徨う
蛍火のように

手を繋げたなら
何を失っても構わないのに

君のいない世界が永遠に続く
終わりのない
どこに向かえばいいのか分からないまま
立ち尽くす

どんなに願っても君のいない世界で
ただ一人彷徨う
蛍火のように

アマザキと申します。
よろしくお願いいたします。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 蛍火

    by アマザキシノブさん

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP