夜景にとけてゆく 歌詞

投稿日:2018/06/21 10:44:23 | 文字数:301文字 | 閲覧数:183 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

―午前2時半。
MA-1羽織って街へ繰り出す残像。
「もう冬だね」と白い息まじりにキミは僕の前に現れた。

「久しぶりだね」いたずらっぽく笑う。
あの春の日がフラッシュバック。
ぼくはタール11mgソフト、ラキストに着火。
「話きくよ」昔みたい、なんか。
ライカ『リバーズエッジ』あの最終話。
ライターでともした明日、君とならいけそうな気がした。
そうだ、リクエストはWayne Shoterで。

「赤や緑が街を彩る季節には大切なひとがかえってくるの」
この不思議な夜にすべてがわかったら午前2時半。
MA-1羽織って街で向かい合う3秒。
「さよならだね」と白い雪が降ってキミは夜景にとけてゆくのだ―

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 夜景にとけてゆく (off vocal)

    by 平田義久さん

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP