Inflammation

投稿日:2023/06/04 19:46:37 | 文字数:276文字 | 閲覧数:89 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

曇ったそれが空を部屋を灰色にするのだろう
それでも何故か眠気から逃れられはしないだろう

いっときそれは思し召しのようにも思えたけど
まやかし甘い白昼夢ではなかったと言い切れる

茹だった息を吐いて 煙と闇に紛れるまで

星さえもないさみしい夜に
掛けようもない言葉含み
降りそうもない雨を待とうか

喘いで

喘いで

息苦しく 柔らかく 抱かれるように

包まれてたい慰めのように
まとめようない悩ましさに
止むことのない讃美歌のように

決して冷めない熱中 恍惚引き連れて

そう凍えない暖かさで
焦がれるような思い胸に
迎えのこない戸を叩こうか

作詞してます。御用の際はメッセージでどうぞ。
歌詞を使う際は、作詞に出来立てオスカルとご明記下さいませ。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP