Again

投稿日:2015/11/26 11:51:09 | 文字数:619文字 | 閲覧数:56 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A
君は気づいてたんだね
今度は僕の番みたいだ
心がかじかんでる
嗚呼 何にも考えれないみたいだ

B
辛いことさえ忘れゆく運命
感じなくなるんなら一層このままで

サビ
恋しい気持ちが増すほどに
後悔も一緒に押し寄せて
冷たい雫が 頬を濡らして落ちる
あの はにかんだ君の前ではきっと僕はヒーローで
何でもしてやれる気がしていたのにな

君がいないとただ無力で
大人になれない僕だから
人混みの中 君をずっと探してる
振り返って呼んでくれたなら ギュッと抱きしめたのに
本当に最後まで君は強い人
僕は弱いまま

A
またこの季節が来た
聴こえる君の好きだった歌
想い出たちが浮かぶ
嗚呼 前に進んで行かないとな

B
僕が君に何を出来ただろう
今の君なら何を望むのかな

サビショート
最後の君の後ろ姿に
何故か強さを感じたんだ
それはきっと 僕に伝えてくれてたのだろう
現実から逃げようなんてさ キリがないんだから
転んでも起き上がればいいんだって
強く生きて行け

(ソロ)

サビ
恋しい気持ちが増すほどに
後悔も一緒に押し寄せて
冷たい雫が 頬を濡らして思う
もし あの日の君が居たならきっと君がヒロインさ
それじゃあ何も変わらないだろう

君がいないとただ無力で
大人になれない僕だったけど
暗闇の中 君が導いてくれたんだ
もう一度呼んでくれなくても強く生きて行くから
ずっといつまでも君を忘れない
本当にありがとう

ボカロ作詞家
有償依頼募集中(値段要相談)
実績は有償依頼10、コラボ25

2015冬コミケにてGigantic TuneのCDに参加。

2016春M3奥多摩音工房さんのアルバムに参加。

2016夏コミケにてサークルRun&Runでアルバム出品。

持ち味はオールマイティ、完成までの速さと質
急ぎの方は是非連絡ください!

トプ画:蒼那さん

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP