雨曝し

投稿日:2010/07/12 01:19:23 | 文字数:223文字 | 閲覧数:43 | カテゴリ:その他

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 


濡れて向かうのは嫌い

雨粒の重みが其処に在るから


濡れて帰るのは好き

雫の冷たさがいっそ気持ちいい


頭の天辺から足の爪先まで打たれてみても
地固まれど心固まらず


濡れて尚揺れて
零れて尚迷って


やがて涙との違いは
分からなくなるのでしょう

魂まで溶かしてしまわぬ様に
もう一度だけ前を向く


やがて落ち行く雨粒と
堕ち行く私の違いも分からなくなるのでしょう


開けた空に架かる橋に思いを馳せ
今日も水溜まりを跨いでいた

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP