十三番目のハスキング

投稿日:2013/12/29 22:42:02 | 文字数:540文字 | 閲覧数:2,041 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

フラフラ漂ってます
不埒な声の甘い誘惑
未だ見ぬ本当の恐怖は
あなたなんて見ていない


臓器巡る扉絵に騙され
愚算、落ち武者の肩に癒着した
蝉 鳴き声はもはや記号をなくした


気まぐれな日々が
愛情を死なせた
叫びだす馬鹿は未だ見ない
混ざり合う陰(かげ)は陽(ひかり)を残して
くだらない僕らはまた歪んだみたいだ


飛び出した少年
あの子アノマリー
アストライアの慰めの道具
覚めてしまった彼の身体の痣

猟奇的な蠍の尻尾の罠
打ち負けた三匹の遠吠え
悔い打ち付け始めて
暗闇にまどろんだ


利己的な動機と言われるがままに
陽は何処にも見えなくて
素晴らしいあなたは先にいなくなり
認めない僕等はまた動きはじめた


生存戦略
知力たらし
無に帰すは千年の月日

汚れちまった両手は切り捨てず
大切に抱えなさい
汚れちまった心は残さず
深い愛で包み込みなさい


愛について
語るべからず
今日見ないけど
明日は見ますから
支離滅裂 あなたの皮
大切に剥がして見てあげる


ハロー私は誰の子なの?
赤い肌に鳥の羽
育った街の名は
地獄の三丁目


気まぐれな日々が殺した愛には
何もできなくてごめんね
昨夜の残像が奇形なアクセスを
断ち切る時の勇気は
誰にも見せないで

(プロフィールはありません)

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP