沈む世界、夢灯篭 / 歌詞

投稿日:2016/09/23 16:12:36 | 文字数:468文字 | 閲覧数:728 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

明日はきっと今よりも素晴らしくなるさ
なんて言ったって変わんねぇって気付ければいいのにな

いつだって壊して 今日だって息巻いて
ひしめき合ったあの風に乗って行く宛もなく流離う

そんな世界 今日もまた泣いていた
息をして行ったり来たりなんで また明日へ行っては今日に着いて
そんな世界で今日もまた泣いていた
なんて言って群青のない街で駆け抜けた少年明日を照らして

色を塗って希望抱いて形取って作る
命削って明日を捨てて生きている証も

いつからか無くして 今日だって振りまいて
明けぬ夜はないなんて言葉にさ 苦しめられてる日々だ

だって朝が来るのが怖いから僕は月を眺めているのにさ
それすらも奪われてしまうから死んでしまっても文句言うんじゃねぇ
僕が命を懸けて作った歌 それを貶すだけ貶して潰して
もう全部全部消えてしまえや そしたら楽になれるよ

そんな世界今日もまた泣いていた
息をして行ったり来たりなんで また明日へ行っては今日に着いて
そんな世界で今日もまた泣いていた
案外さつまらない場所だな なら僕は歌で明日を照らすよ

ぐいあのです。こちらでoffvoや歌詞を投稿しています。

何かありましたら
→guianoiroiro@gmail.com

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

▲TOP