BATTLELOID「STAGE10.5」

投稿日:2013/03/16 21:08:48 | 文字数:1,258文字 | 閲覧数:120 | カテゴリ:小説

ライセンス:

※概要はBATTLELOID 「BEFORE GAME」を参照してください



ついに、裏方が動き出す。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

[某所 モニタールーム]
 ガチャリ、とドアが開いた。
「…テイ!一体どこにいたの!?」
 中に入ってきたテイの姿を見るや否や、リツが声をかけてきた。
「…ちょっと釘を刺しに行ってきたの」
「…は?」
 訳の分からない返事に、リツは変な声を上げた。
「…まあ、何でもいいですわ。丁度、あの方からの指令が来ているので」
「…指令?」
「ああ、これだ。…全く、あの方も焦りすぎだっての…」
 やれやれと言った様子でデフォ子は伝令をテイに見せた。
「…各地のボーカロイドを倒せ、か。ついに動くのね…あの方の計画が」
「そのようだな」
 デフォ子はふん、と鼻を鳴らした。
「とりあえず現在の所在は出したぜ。ミク、リン、ルカ、キヨテル、ミズキがD街‐2、レン、ユキ、ミキがD海、グミ、リリィがD街‐1だな。…すっげ、みんな同じエリアじゃねえか…」
 ルコがモニター画面の一つを見ながら解説する。
「まだ結構生存者いるってのに…」
 大丈夫かよ、とテトが言った。
「…ところで、みなさん…」
 モモが少し神妙な顔つきで尋ねる。
「私たちの計画…『ボーカロイド殲滅計画』は、いつ実行に移すんですの?」
 一瞬、部屋が静まり返った。
「…まだ、いいだろ。あの方に従ってた方が、な」
「うん、まだ多すぎる」
 デフォ子、テトが返事をする。
「じゃあ、取りあえず今起きてる戦いが全部ひと段落したら、ってところ?」
「だな、その方が楽だ」
 水面下で、どんどんと計画が進んでいく。当然、戦っているボーカロイドたちは、こんなことが起きているなんて知る由もない。
「じゃあ、ネルも呼んでくるわね?」
「やめとけテイ。…あいつ呼ぶと色々面倒だ。あいつはUTAUじゃない。変な行動に出られたら、それこそ本末転倒だ」
「…そう」
 再び出ていこうとしたテイはつまらなそうな様子で、近くの椅子に腰を下ろした。
「よし…とりあえずここからは二人組で行動するようにしようか」
 テトの提案で、UTAU六人は三グループに分かれた。
 テトとテイ、ルコとモモ、デフォ子とリツ。
「よし、じゃあ戦いの準備をしようか…」






[某所 廊下]
「…ここに、いるけどね」
 モニタールームのドア越しに、ネルは会話をすべて聞いていた。
 何も知らないのは、あいつらのほうだ。殲滅計画?はは、反吐がでる。
「…でもまあ、ちょうどいい、かな」
 ネルは廊下を歩き出す。多分、あいつらは全員同時に出ていく。ここ、ゲーム管理施設に残るのは私だけになる。そうなれば、テイみたいな邪魔がなくなって、自由に動ける。
 鍵も…テイに返す前に必要なやつだけ抜き取っておいた。
 廊下にはコツコツとネルの歩く音だけが響く。あの方の部屋を通り過ぎ、廊下の奥へと突き進む。一番奥につき、ネルは立ち止まる。目の前には、大きな扉。
 扉に触れる。手には冷たい感触。
 もう少しだ、もう少しで解放してやるから。
 待っててくれ。



…ハク。
 扉にわずかな熱を残し、ネルは踵を返した。

しがないボカロ小説書き。生粋のミク廃。
書くものはなぜかバトルものばかり。
みんなを楽しませることができればなあと、思う。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP