キミというマボロシ

投稿日:2017/07/10 21:40:12 | 文字数:362文字 | 閲覧数:49 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

オリジナルボカロ楽曲「キミというマボロシ」の歌詞です。

作詞:司馬コータロー

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

キミというマボロシ

静かな部屋で一人 明かりもつけないまま
ソファーにこしかけて 孤独を感じている

テレビをつけてみても 不快感を抱いて
チャンネルを変えても ぬぐえないこの気持ち

忘れようとする度 思い出すあの涙

心の隅々まで 寂しさが包んでいく
愛しさが切なくて 悲しみが溢れ出した
もう二度と帰らない ぬくもりと知っているのに
幻に囚われて 深い闇に落ちていく

壊れそうな時計の ぎこちない針の音は
電池を取り替えても あの頃に戻れない

悩めば悩むほどに よみがえるあの涙

心に鍵をかけて やさしさを拒んできた
失うことを恐れ うそをついてごまかした

心の隅々まで 寂しさが包んでいく
愛しさが切なくて 悲しみが溢れ出した
もう二度と帰らない ぬくもりと知っているのに
幻に囚われて 深い闇に落ちていく

コラボを中心とした活動をしており、主に作曲、編曲を担当しています。

ジャンルに捕らわれない作品制作を心掛けており
常にメロディーを輝かせる楽曲を目指し取り組んでおります。

ニコニコ動画で公開中の楽曲
nicovideo.jp/mylist/50720750

twitter:@spbmika_kumaka

私がこれまで制作したボカロ楽曲のカラオケ音源も用意しておりますのでぜひ歌ってみた等で使っていただけるとありがたいです。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【結月ゆかり】キミというマボロシ【オリジナル】

    by makoto(ロカルツP)さん

オススメ作品10/19

もっと見る

▲TOP