春を待つ 歌詞

投稿日:2021/04/03 00:20:38 | 文字数:516文字 | 閲覧数:411 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

僅かな命だと話す
あなたの目が揺らいだ
緩やかに確かに時が過ぎる
虚ろな日々を綴っている
冷え切ったその手を握っても
乾いた咳嗽が静まることはなかった

明日が見えなくたって
僕が照らすからまだ消えないでよ

春を待つ声がひらひら響いて
虚空を舞ってる
白雪のように 花のように ただ儚く
溶けてゆく時の中
交わした温もりが冷めたら
そんなあなたを春風が攫ってく

少しの別れだと
作り笑うあなたが言った
今に途切れそうな息が白む
痩せ細る手の握り返す
力も脆弱になってく
この部屋だけは時が止まればいいのに

いつしか歩けなくなって
話せなくなって 消えてしまうのね

唯一つだけのその命は
きっと巡り巡ってく
その度出逢って同じように恋をしてゆく
「ロマンチックだね。」
って笑うのは褪せたフィルムの中
並ぶ二人が透明に変わってく

朝、目が覚めたら
全てが夢であってさ
隣であなたが笑っていたらな
そんな願いも雪解と去って
春の匂いがする
華やぐ季節にあなたはいないのね

春を待つ声がひらひら響いて
虚空を舞ってる
白雪のように 花のように ただ儚く
溶けてゆく時の中
交わした温もりが冷めたら
そんなあなたを春風が攫ってく

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 春を待つ inst マスタリング済み

    by Isletさん

▲TOP