骨日和

投稿日:2010/03/10 02:34:02 | 文字数:518文字 | 閲覧数:323 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

王道を。

曲、ちょっとまってください。
募集はいまのとこナシで。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

お日柄もよく 今日は絶好の骨日和
ので、ちょっくら 骨になってくるって

君はでかけて だけど知ってるのかい、そこは
暑いんだよ それにひとりなんだよ

いつもどおりの 言葉遊びで
笑うと思ったら おおまちがい

からからと きみの笑顔が鳴って
乾く砂の城 夏の手前で崩れた 
骨日和。 でも、もうすぐ雨だよ 
濡れるその前に 早く帰ってきなよね


いつだってそう 何も言わずに出かける君
勝手だなあ 置いてけぼりばかりだ

「ただいま」と君 「瘠せたね」と僕
随分とちいさく 白くなって

かさかさと 君のてのひらヤケド
お大事にね、って 大げさに手を合わせた
骨日和。 あくびにも飽きたから
明日の話を そろそろ話してくれよ


つめたくなって あつくなって
かわいて またつめたくなって
きみも大変だねえって 笑って
笑って 笑って
 「笑って?」


からからと きみの笑顔は無くて
それは、砂のよう 掴んだときに砕けた
骨日和。 小さな部屋へかえる
君の背中へと また明日と手を振って

それでもさ ごきげんだと鼻歌
どうせ、いつもどおり 僕を忘れものにして
骨日和。 それはよく晴れ渡る
君と僕のこと のどかなその日の記憶

だらっとやってます。
サイトメインに移行気味。
名前を灯下箱、に変えました。

置いてある歌詞はNNI、ボカロ、ウタウ、営利じゃない限りはどれでもお好きにお使いくださいー。報告くだされば媒体自体はなんも気にしません。

http://www.nicovideo.jp/mylist/8748983
http://idea.futene.net/

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

もっと見る

▲TOP