花かんざし

投稿日:2012/08/06 18:16:12 | 文字数:310文字 | 閲覧数:448 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

Duskさんの曲【http://piapro.jp/t/6QCW】に採用していただきました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

誰かの見ていた夢が
今の私に宿って
返り咲こうとしている
一片の薄紅

ああなんて健気な花と
人事のように呟いた
ねえ どうして泣いているの
誰かの為に

心許す限りその涙はとめどなく
君のもとへと移ろいたがる
今 覚えたての淡い想いを抱いて
雪解けを待つ


結わう髪は美しく
花のかんざしが似合う
凛とした目に映るは
一面の薄紅

ああなんて綺麗な色と
夢見るように呟いた
雨風の眠れるうちに
待ち人来たれ

古き春の夕澄みに交わした約束が
今の世にも鮮やかに返り咲く
十重二十重に取りまいた花びらの
香りにのせて


時が許す限りその唄は続いていく
君の心に優しく響く
今 生まれたての清い風に吹かれて
花道を行く

綿飴甘奈(わたあめ かんな)

不定期出没です。
素敵な曲と出会ったとき、気が向いたときに歌詞上げてます。

・・・歌詞について・・・
【曲募集】と記載がある歌詞は、ピアプロorニコ動で公開する場合に限り、ご自由に使っていただいて構いません。
その際、作詞者名(綿飴甘奈)の記載とご報告をお願いいたします。


アイコンは來佳さん(http://piapro.jp/hizakozou)
に描いていただきました((( *´꒳`* )))


ニコ動:http://www.nicovideo.jp/mylist/31498015
Twitter:@wildcanary_

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP