ラスト・アンカー

投稿日:2012/07/22 13:28:59 | 文字数:540文字 | 閲覧数:117 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ある日の午後に、クラス対抗、
リレーの種目の選手決め
「残るはアンカー、誰かいますか?」と言う委員長
だけどなかなか手があがらない
すると一人が立ちあがって
「僕は彼がいいとおもいます」

どうして俺がアンカーだなんて、別に速くもないのに
しかたない、やってやるぜ。俺しかいないんだろ

ほら大地踏みしめ、全速力で帰宅
カバンを置いて公園へと
時を忘れて、どれくらい走ってたのだろう
どうだ、腕時計は?たった2~3分(笑

掃除の時間、女子の一人が
「押し付けてごめん、頑張れ」って、
惚れてしまうぜ、君のため走るぜ委員長
こんな俺でも誰かのために
燃え尽きることできるのかな
今日もまた時を忘れて‥

これまで何もしなかった日々が,嘘みたいにかわっていく
いよいよ本番当日、進んでくプログラム

合図がなっていっせいに走り出すランナー
それぞれなにかしらの思いがあって
おいおいどうした遅れているんじゃないのか?
俺はまだ間に合う?次の自分に

どうして俺がアンカーだなんて、そんな愚痴を言う前に
しかたない、やってやるぜ。ここまできたんだろ

ほら大地踏みしめ、バトンを強く握る
あの娘がみてる、走るぜアンカー
一人、二人と抜くため走った今日まで
君はこんな俺を、どう思うの

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP